11.30:ブラウンシュヴァイク(H) | 楽しい楽しいバイエルン・ミュンヘン

公開日:2013/12/01
11.30:ブラウンシュヴァイク(H)

112311.30:ブラウンシュヴァイク(H)2-0○

キャプテンはノイアー

2分でいきなりロッベンが抜けて
シュートがバー、戻ってきたところをヘッドで得点
そして芝生にさーっと正座滑り
だが芝が引っかかってすーっと行かず
今度は芝生にヘッド

アラバが出てきて
おもわず「アラバが出てきた、アラバ、、アラバ、アババ」と「アババ」と言ってしまう

やはりしゃべりのプロの方のミスしない前提なので笑ってしまう

いきなり抜かれてノイアー飛び出す
タックルではじいたモノの相手ボールになり
そしをシュートもなんとかアラバの足がが届いてはじく
これは素晴らしい

■得点:
2、30:ロッベン
■交代:
57:ミュラー >>> マンジュキッチ

バイエルンは、前節でドルトムントを破り、リーグ無敗記録を38に伸ばした。ホームでの一戦では、アリエン・ロッベンやマリオ・ゲッツェ、ティアゴ・アルカンタラらが先発出場した。試合は開始早々に動いた。2分、バイエルンのゲッツェが相手最終ラインの背後へフィードを送ると、走り込んだロッベンがトラップ。ペナルティーエリア内でGKと一対一となり、左足シュートを放つと、ボールは左ポストを直撃したが、跳ね返りをロッベン自ら頭で押し込み、バイエルンが先制した。さらに30分には、右サイドでボールを持ったロッベンが中央へカットイン。左足を振り抜くと、鮮やかなシュートがゴール右隅に決まった。前半はバイエルンが2点をリードして終えた。後半に入ると、バイエルンは追加点こそ奪えなかったものの、アイントラハト・ブラウンシュヴァイクに反撃を許さず。バイエルンは完封勝利を収め、リーグ無敗記録を39に伸ばした。バイエルンはリーグ14試合を終えて12勝2分けで、勝ち点を38とした。(SOCCER KING)

バイエルンMは前半2分、MFゲッツェからのパスにディフェンスラインの裏に抜け出したFWロッベンがシュートを放つ。一度はポストに弾かれるも、ロッベンが自ら詰めて頭で先制点を決める。同30分にはMFクロースからのロングフィードに反応したロッベンが、右サイドから中央にドリブルで切り込み左足でシュートを叩き込んで加点。その後は追加点を奪えなかったが、ボール支配率77%で反撃を許さずに完勝した。(スポニチアネックス)

グアルディオラ

「守勢一方の相手との複雑で難しい試合だった」「前半、われわれはボールを支配した。精神的にも(11月23日に3-0で勝利した)ボルシア・ドルトムント(Borussia Dortmund)戦とモスクワ(Moscow)遠征の後、非常に強くなっている」「後半、(途中出場の)マリオ・マンジュキッチ(Mario Mandzukic)を試合に入り込ませられなかったが、結果的にはパフォーマンスに満足している」(AFPBB News)

試合後、グアルディオラ監督はドイツ『スカイ』で次のように話している。『AZ』が伝えた。「ドルトムント、CSKAとの試合の後だったので、ブラウンシュヴァイク戦は難しかった。まったく違う試合だったね。パス回しで臨み、後半はマリオ・マンジュキッチを突入したが、彼を生かすことができなかった。だが、勝利 したので満足している」「ロッベンは我々にとってかなり重要な選手で、多くのゴールを決めてくれる。ブラウンシュヴァイクにもチャンスがあったね。ブンデスリーガは非常に難しいリーグだ」(Goal)

ロッベン

移動もあったので、モスクワでの試合はかなりハードだった。でも、またここに戻って、このピッチでプレーするのは最高に気持ちが良いね。僕はキャリアにおいてバイエルンで最も数字が良いんだ。このクラブが居心地良いんだよ。試合前、みんなで、集中して序盤から積極的にプレーしようと話していたんだ。前半は早い時間帯にゴールが決まったし、本当に良いプレーを見せた。反省すべきとしたら、後半に目指していたプレーができなかったことだね(Goal)