受賞最有力のリベリー、ちょっと怒る | 楽しい楽しいバイエルン・ミュンヘン

公開日:2013/12/20
受賞最有力のリベリー、ちょっと怒る

バロンドールの投票期間を延長
これがロナウドに有利に動くと言われているが
リベリーもちょっと怒る
バロンドールがちゃんとした賞として残るか
ただの政治やマーケティングの道具として落ちぶれるのか
来月13日にわかる

リベリは、ドイツ『シュポルト・ビルト』で投票期限延長についての見解を述べた。スペイン『アス』がそのコメントを伝えている。「今までこういったことが起きたことはなかった。恥ずべきことだ。僕にとっては不利になると思っている。だけど、僕は何も恐れてはいない。落ち着いているよ」スペインメディアによれば、C・ロナウドが授賞式に参加することが濃厚となっているようだ。だが、リベリはそのことを気に留めていない様子だ。「クリスティアーノと話はしていない。チームメートと彼について話すこともない。そんなことをする必要があるかい? 彼が授賞式に来ても来なくても、どちらでもいい。僕は最終候補に選ばれたことを誇りに思っている。だから、授賞式に行くんだ」バロンドール受賞者は、来年1月13日に発表される。(Goal)