バイエルン・ミュンヘン vs 広州恒大 | 楽しい楽しいバイエルン・ミュンヘン

公開日:2013/12/17
バイエルン・ミュンヘン vs 広州恒大

バイエルン・ミュンヘン vs 広州恒大
欧州王者 vs アジア王者の激突
できれば日本で見たかった、できればJリーグのチームが登場して欲しかった
しかし現実はモロッコで中国のクラブとの対決

中国チームの監督はリッピ
グアルディオラも選手もあまり情報を持っていない広州恒大
道の強豪だったら面白いが

現地時間17日、モロッコで行なわれているクラブW杯の準決勝に欧州王者として登場するバイエルン(ドイツ)。同大会は欧州主要リーグのスケジュール上ではシーズンの最中に位置するため、欧州王者として参戦するクラブのなかにはこのタイトルを重視していないチームも見受けられる。しかし、バイエルンの選手たちは本気モードでタイトル獲得へ向かうようだ。ロイター通信が報じている。南米とヨーロッパのクラブ王者によって争われていた、現大会の前身にあたるインターコンチネンタルカップを2度制した経験を持つバイエルンだが、現行の大会方式となってからは初の参戦となる。(ISM)

グアルディオラ

本命じゃないときのイタリアのチームは、とても、とても危険なんだ。できるだけ良い準備をして良い試合をしなければいけない。彼と対戦するのは名誉なことだ。世界で最も成功した監督の一人だからね」と、リッピ監督の広州に気をつけなければいけないと語った。誰もがバイエルンを優勝候補と考えているが、危険はたくさん潜んでいる。彼らはボールを持っていないときも、非常によく組織されており、素晴らしいクオリティーを持つ選手が3、4人いる。ダリオ・コンカ、エルケソン、鄭智のクオリティーにはすごく驚いている。とても経験ある選手だ。欧州勢がこの大会で成功するには、アフリカやアジア、南米、北中米でいかにこの大会が重視されているかを理解しなければいけない(ISM)

リッピとの対戦は、私にとって名誉なことだ。世界で最も成功した監督の一人と、初めて対戦することができる。彼は代表チームでW杯を制し、ユヴェントスですべてを勝ち取った非常に経験豊富な監督だ。バイエルンが有利だと予想されるだろうが、イタリア人監督との対戦には多くの危険がある(Goal)

相手のことは数日前まであまり知らなかったが、映像を見てFWの質の高さに驚いた(スポニチアネックス)

この大会はとても重要で、とても権威がある。参加するのも、優勝するのも簡単ではない。準決勝と決勝の2試合しかないから、単純な話で、われわれはその2つに勝つ必要がある。プロとしてこの大会に参加する幸運は、人生で何度も訪れるものではないし、チームと(前任の)ユップ・ハインケス(Juup Heynckes)氏には感謝を表したい。彼のおかげで私は今日ここにいる(AFP=時事)

ラーム

まだ今年は終わっていない。クラブ・ワールドカップに全力で臨むよ。そして、来年もまた成功の一年にしたい(SOCCER KING)

リベリー

まだ僕らには、勝たなければならない2試合が残されている。もしタイトルを獲得できたら、最高の休みを迎えることができるだろう。中国のチームについてはあまり詳しく知らないけれど、僕らが有利だということは間違いない(Goal)

優勝するためにモロッコに来た。いい形で最高の1年を締めたい(MSN産経ニュース)

ノイアー

クラブW杯を制することが僕らの最終目標だ。僕らは最高のシーズンを過ごしてきた。グランドフィナーレで成功を収めたい。僕らにとって特別な大会なんだ。タイトルを獲得したいね(Goal)

やる気に満ちているよ。僕たちはここにタイトルを勝ち取りにきたんだ。言うまでもないことだが、しかるべき姿勢で大会に臨むよ。各大陸のチャンピオンが一堂に会する特別な大会だ。僕らは世界一のクラブになることを望んでいるよ。年内最後の大会で、さらなる成功を収めたいね(ISM)

クロース

チームのことをあまり知らなければ話すのは難しい(ISM)

ボアテング

彼らのことはあまりよく知らないけど、ビデオでチェックするよ(ISM)

リッピ

今のバイエルンは世界最高のチームだし、とても興奮する。このレベルで戦うチャンスを手にできるとは、思ってもいなかった。自分たちの力を測るチャンスだ。より優れたチームが簡単に勝つわけではないことを示せるようにトライしたい。情熱があるのは良いことだが、現実的にもならなければいけない。彼らは我々よりもずっと強いんだ。謙虚に戦わなければいけない。たくさんある彼らの武器を抑え、自分たちの武器を使っていこうとしなければならないね(ISM)

現実的に考えなければいけない。守備的に戦うことになる(スポニチアネックス)

100回やったら99回は負けるだろう。でもその1回が今度の試合かもしれない(スポニチアネックス)

グアルディオラは知性と能力のある人物だ。バルセロナとバイエルンでの指導を見てきたが、チームを変革しつつ勝ち続けている。自らのプレーの哲学をゆっくりと、しかし確実にチームに持ち込んでいる。われわれが対戦するのは世界最高のチームのうち一つだ。そうしたチームと対戦すれば100回のうち99回は負けるだろうが、1回は勝てるだろうし、私としてはその1回が明日来ることを願うよ。それは誰にも分からないことだからね(AFP=時事)