リベリーを応援するカナル・プリュス | 楽しい楽しいバイエルン・ミュンヘン

公開日:2013/12/03
リベリーを応援するカナル・プリュス

何か最近ロナウドが獲れ獲れという流れもあるバロンドール
違うだろリベリーだろ、不人気のフランスでもぎりぎり半数越え

レアル・マドリーのサポーターは先日、チャンピオンズリーグのガラタサライ戦で、FWクリスティアーノ・ロナウドのお面をかぶり、バロンドール受賞に向けて“後押し”した。そこで、フランス『カナル・プリュス』が、レアルファンと同じことをしたのだ。「Canal Football Club」という番組で、リベリのインタビュー中に、300名の観覧者が同選手のお面をかぶったのである。リベリは「とてもうれしいよ。僕にとって、バロンドールを受賞できたら夢のようなことなんだ。そして、受賞に必要なだけのことをやってきたと信じている」とコメントした。『カナル・プリュス』のアンケートによると、フランス人の53%は、リベリがバロンドールにふさわしいと回答している。なお、リベリは投票期限が延期されたことについて、「あるルールで試合を始め、それを途中で変えるのは、残念なことだ。でも、なんでもないさ。僕はバイエルンで自分がやってきたことに満足している」と話している。(Gazzetta.it)