公開日:2013/09/25

レヴァンドフスキ、バイエルン移籍宣言

来ることが決まっていてあとは時期だけ
早ければ1月にも来るかも知れない
少しでも早くバイエルンに来たいレヴァンドフスキ
我慢限界のコメント

ドイツメディアは24日、ポーランド『ピルカ・ノズナ』の報道を取り上げていた。同誌は、ドルトムントとの契約が残り1年となっているレヴァンドフスキが、2014年1月2日にバイエルン加入を正式に発表すると報道。2018年までの契約ですでに合意しているとしていた。FIFAのルール上、今シーズンで契約が満了する選手は、半年前にあたる年明けから他クラブとの交渉が可能になる。レヴァンドフスキは、最短で交渉をまとめるつもりかもしれない。24日のDFBポカール2回戦で1860ミュンヘンに勝利した後、レヴァンドフスキはドイツ『スカイ』に対して、「今は何も言えない。1月になったら話せるんだ。今はまだ早すぎる」とコメント。しかし、「1月にバイエルンへの移籍を正式に発表できるのか」と質問されると、「そうだね。正式に契約にサインできるのはそのときだから」と答えている。「この話については、すでにすべてが語られている。2014年6月30日に彼は自由になる。それ以上、この件については話せない。我々は彼とドルトムントで有意義な1年を過ごせることを希望する。今のところは、良い感じでそれの実現に向かっているよ」(Goal)