いよいよスーパーカップ | 楽しい楽しいバイエルン・ミュンヘン

公開日:2013/08/31
いよいよスーパーカップ

バイエルン vs チェルシー
グアルディオラ vs モウリーニョ
と因縁の試合が始まる
シュバインシュタイガーは出場可能

ジョゼ・モウリーニョ監督がペップ・グアルディオラ監督を標的としている。チェルシーとバイエルン・ミュンヘンを率いる両監督は、30日のUEFAスーパーカップで対戦するが、試合を数日後に控え、モウリーニョ監督がドイツ『ビルト』で、「今のバイエルンが(ユップ・)ハインケスのチームほど強いかどうかは分からない」と話しているのだ。バイエルンは24日のニュルンベルク戦でも2-0と勝利しているが、グアルディオラ監督はその前日、モウリーニョ監督とのライバル関係について問われると、「私は彼とそのキャリアに大きな敬意を払っているが、最も重要なのはこれからの2試合だ」と答えている。なお、モウリーニョ監督はアメリカ『スポーツ・イラストレイテッド』で、チェルシー復帰について「彼らは私を必要としている」「プレミアリーグは簡単じゃない。多くのチームが上位を争う」とコメント。そして、次のように続けている。「グアルディオラは素晴らしい監督だ。アレックス・ファーガソン監督はイングランドサッカー史上におけるベストだね。誰も彼のところにはたどり着けない。アーセン・ヴェンゲルは我々監督が願うことすべてを代表している。クラブと仕事の安定性だ。常に未来を考えつつ、今現在の重圧を受けずにね」(Gazzetta.it)

ドイツ・キッカー誌は両チームの予想先発を掲載。バイエルンの先発には27日のブンデスリーガ第4節・フライブルク戦で負傷交代したMFバスティアン・シュバインシュタイガーの名も含まれた。クラブは公式サイトで深刻な故障ではないと発表しており、出場も問題ないようだ。バイエルンは過去3回、スーパー杯に出場しているが、そのすべてで敗れている。ジョゼップ・グアルディオラ新監督を迎え、この悪い流れを断ち切りたいところだ。(ゲキサカ)

今オフに手術を行ない、今季開幕に向けて急ピッチで調整を続けていたシュヴァインシュタイガーは、27日のブンデスリーガのフライブルク(ドイツ)戦中に右足首を負傷し、ピッチを離れていた。それでもクラブは「フライブルク戦(1対1の引き分け)でバスティアン・シュヴァインシュタイガーが負ったケガは深刻ではない」と発表。試合には間に合うとした。(ISM)

バイエルン・ミュンヘンは、負傷が懸念されたMFバスティアン・シュバインシュタイガーについて、深刻な問題ではなかったことをクラブ公式サイトで明らかにした。30日に行われるUEFAスーパーカップのチェルシー戦にも出場できる見通しとのことだ。シュバインシュタイガーは27日に行われたブンデスリーガ第4節のフライブルク戦で負傷交代。後半途中でプレー続行不可能となり、チェルシー戦への影響が不安視されていた。(Goal)