チアゴ、7週間離脱 | 楽しい楽しいバイエルン・ミュンヘン

公開日:2013/08/27
チアゴ、7週間離脱

グアルディオラが欲しがって獲得した懐刀が3戦目で壊された
ここまで3連勝まだまだ手探りだがやっと良い感じになるところで
手術とは・・・
フライブルク、ハノーファー、シャルケ、ヴォルフスブルク
CL序盤なら大丈夫だろうがチアゴ帰ってきて相当頑張らないと埋まっているぞ

バイエルンに所属するスペイン代表MFチアゴ・アルカンタラが、負傷のために手術を受けることになった。ドイツ誌『キッカー』が伝えている。チアゴ・アルカンタラは、24日にホームで行われたブンデスリーガ第3節のニュルンベルク戦に先発出場。試合には2-0で勝利したが、自身は63分に負傷交代していた。検査を受けた結果、右足のじん帯結合部の断裂と診断された。26日に手術を受け、全治までは7週間かかる見込みとなった。(SOCCER KING)

チアゴは24日に行われたブンデスリーガ第3節のニュルンベルク戦で、後半に右足首を負傷した。クラブによると、じん帯を痛めており、選手は26日に手術を受けるという。離脱期間は7週間と発表された。約2カ月の戦線離脱となり、チアゴはブンデスリーガのフライブルク、ハノーファー、シャルケ、ヴォルフスブルクとの試合や、チャンピオンズリーグの序盤戦、DFBポカール2回戦を欠場する予定だ。この夏、バルセロナからバイエルンに加入し、ペップ・グアルディオラ監督の下で新たなキャリアをスタートさせたばかりだけに、選手も落胆しているだろう。(Goal)

今シーズン、バルセロナからバイエルンに移籍したチアゴは、24日に行われたブンデスリーガ第3節のニュルンベルク戦で受傷し、後半17分に交代をしていた。チアゴは26日には手術を受けるという。30日の欧州スーパー杯のチェルシー戦など、約2か月の試合に出場できないことになった。(ゲキサカ)