ニュルンベルク戦いよいよゲッツェ登場 | 楽しい楽しいバイエルン・ミュンヘン

公開日:2013/08/24
ニュルンベルク戦いよいよゲッツェ登場

ダービーでいよいよゲッツェ登場
スタメンか何分かわからないが出る
いきなりスタメンだったら凄いなあ

グアルディオラ監督は、ホームでのニュルンベルク戦を控えた会見で、ゲッツェについてコメント。「先発かもしれないし、数分間かもしれない」と語り、試合での起用を示唆した。ゲッツェは、今シーズンからバイエルンに加入したが、負傷により開幕2試合は欠場していた。ニュルンベルク戦で出場すれば、バイエルンでの公式戦デビューとなる。(SOCCER KING)

欠場が決まっているMFハビ・マルティネスを除けば、選手たちのコンディションは問題ないようだ。前節で打撲を負ったMFフランク・リベリについては、「彼は大丈夫だ。問題ない」とコメント。足首の痛みを抱えていたMFチアゴ・アルカンタラも「大丈夫」とのことだ。グアルディオラ監督はまた、MFマリオ・ゲッツェを公式戦デビューさせることを示唆している。「一番大事なのは、彼が良い調子にあると感じていることだ。身体の方はもう万全で、精神面も充実している。我々にとって良いことだね。先発か数分間の途中出場になるかは分からない。明日の朝に決めるよ」マティアス・ザマーSD(スポーツディレクター)は先日、ミッドウィークの国際試合から選手たちが復帰した際に、コンディションの悪さを指摘していた。それに対して、指揮官は次のようにコメントした。「チームは試合ごとに良くなってきている。全世界のチームが、この時期に改善を見せるんだよ。別に普通のことだ。私は満足している」「100%の状態とはどういうことを指すのだろうか。ボールを持ちながら100キロを走ること、それか正しいタイミングで走り出すことか。もしくはマラソン選手が、サッカーをするには適しているのだろうか。選手たちが、私が何を求めるかを、毎日少しずつ、よりよく理解していくことが大事だ」(Goal)

ニュルンベルクとの対戦が、バルセロナ対エスパニョールのバルセロナダービーに似ているかと問われたグアルディオラ監督は、「そうだね。(エスパニョール戦は)いつも難しい試合だった。ニュルンベルクは100%の集中で戦うだろう。昨シーズンのアウェーでの試合は1-1に終わっているし、難しいのは確かだ」と返答。さらに、次のように続けている。「ダービーではどんなことでも起こり得る。だが、結局は11人対11人の試合だ。バイエルンと対戦する時のニュルンベルクが、かなりアグレッシブにプレーすることは知っている。我々もアグレッシブでなければいけない。ボールを持っている時もね」(Goal)