グアルディオラの2戦目、8.17:フランクフルト(A) | 楽しい楽しいバイエルン・ミュンヘン

公開日:2013/08/20
グアルディオラの2戦目、8.17:フランクフルト(A)

08198.17:フランクフルト(A)0-1○

■得点:
13:マンジュキッチ
■交代:
65:シャキリ >>> チアゴ、74:ミュラー >>> ロッベン、88:クロース >>> ラフィーニャ

今回はシャキリ(代表でブラジルに勝った勢いに期待か)をスタメンにし
ベンチにはロッベン、ゲッツェ、チアゴと
なんという豪華なベンチなのか

グアルディオラの2戦目、
「勝ってるチームは絶対変えるな」に
真っ向から勝負
今回の俺流はシャキリなのだが大きな変化もなく
他の選手もどうすればいいんだ的な動き

とにかくスッキリしないもやもやした試合
変化するときの我慢の時期なのか?
これがお前のやり方か?(by長州)

マンジュキッチがかっこいいボレーを決め勝ったからいいものの
選手交代も普通で、普通の位置に入る

この頃は辛かったなあと振り帰れることを祈る

乾はもっとすごいはずだからもう少しがんばれ

グアルディオラ

先週に比べれば、試合をよりうまくコントロールできた。ボルシアMG戦は、カウンターを食らいすぎた。そこについては、今日の方が良かったね。代表戦があったから、3日しか準備ができなかった。それでも多くのチャンスをつくれたね。ハッピーだし、100%満足しているよ。ハビ・マルティネスがメンバー入りしなかったのは、内転筋を痛めているからだ。14日にスペイン代表としてエクアドルに遠征して、90分間プレーした。かなり遠いところだ。早くトレーニングに復帰できることを願う。ロッベンが先発を外れたのは、気をつけなければいけなかったからだ。ここ数年、彼はシーズン前半戦で負傷することが多かった。ほかの選手が疲れたら、彼を投入することを考える。そうしたら、(MFトーマス・)ミュラーをベンチに下げる。真のスーパープレーヤーがそろっている。ロッベンはスーパープレーヤーだ。全員を出場させるようにしたい(Goal)

エリアから飛び出し抜かれてひやひやしたノイアー

今日はなんとしても勝って、勝ち点3を手にしたかった。きれいなプレーをして、サッカーを愛でるのではなく、シーズン2勝目を手にしたかった。それがうまくいった(公式サイト)

クロース

フランクフルトでの試合が簡単ではないことは分かっている。彼らはいいチーム。それでも今日は90分間、試合を優勢的にすすめることができた。相手にチャンスをほとんど許さなかった。でも試合をもっと早い段階で決定づけられなかったのは、非難されるべき点だ。それができていたら、もっと落ち着いた試合に出来たはず(公式サイト)

ザマー(試合前)

他のクラブからは今、バイエルンを負かすチャンスはあると見られているかもしれない。しかし、バイエルンには勝てないと再び思われるようなチームにならなければいけない(AFP=時事)

乾貴士

強かったですね。ほぼ、守ることになっていましたし、相手のミスを突くというところしかチャンスは無かったので、自分たちの形というのは全く出せなかったんじゃないかと思います。(前半に乾自身が迎えたチャンスについては、)ああいうところで決めないとこういう相手にはなかなか点は取れないのかなと思いますし、そういうチャンスを、チャンスらしいチャンスというのはあんまり無かったですけど、どうにかして点を取らないとこういう相手には勝てないです。前半からこっちがビビりすぎたというのはある。(SOCCER KING)

(マッチアップしたDFフィリップ・ラームに関して)技術もあるし、トッププレーヤーですし、ドイツ代表でもキャプテンでやってますから(Goal)