2013/14シーズン開幕 | 楽しい楽しいバイエルン・ミュンヘン

公開日:2013/08/11
2013/14シーズン開幕

08108.09:ボルシアMG(H)3-1○

■得点
12:ロッベン、15:マンジュキッチ、69:アラバ
■交代
73:シュバインシュタイガー >>> キルヒホフ、77:ミュラー >>> ラフィーニャ、80:クロース >>> マルティネス

いよいよ三冠王者としての今シーズン開幕戦
セレモニーではブンデスリーガのロゴを人文字
人の、人による、人が作るブンデス

ここまでのチームを変えてくるのかどうなのか?
Numberのコラムでもあった
「勝っているチームはいじるな」の格言をグアルディオラは覆せるか?

自分がこの言葉を知ったのは確か2002年のワールドカップ
日本がトーナメントに行った時
雑誌でジーコがこんな言葉がある「勝ってるチームは絶対いじるな」と
そしていじったトルシエに次の週
読者の皆さんは覚えているだろう私が選手
「勝ってるチームは絶対いじるな」と言ったことを・・・
と大激怒のジーコ・コラムだった

そんなチームをいじるのか?いじらないのか?
「グアルディオラは恐ろしいチームを作りあげている」など煽りが入り
ラームの中盤、リベリーのFWなどどうなるのか?
ゲッツェとチアゴが欠場のため結果的にメンバー的には変わらず
シュバインシュタイガーのワンボランチで
ミュラーとクロースを前にした
ハビ・マルティネスがベンチというのが少しだけ意外

グアルディオラはスーツも同じ感じでバルセロナで見た風景
中盤にシュバインシュタイガー、ミュラー、クロースのドイツ代表勢
サイドはリベリーとロッベンという最高峰のサイドのコンビ
そのリベリーとロッベンが絶好調でとにかく攻撃が止まらない
サイドから来ると思えばミドルも飛んでくる
早い時間に2点を取り良い感じだったがダンテのオウンゴールでまさかの失点
ウソだろという反応を見せて凌いでいたノイアーにまさか味方のゴールとは・・・

ここから疲れも出てきたか微妙な感じになってくる。
相手のサイドからがんがん来ている
そんな中で得たPK。ミュラーがキーパーにはじかれそこでDFがやっちまい
PK連発、次はアラバでアラバは成功
動き出したのは70分
最初の手はキルヒホフ、新戦力が出された

やっと俺のカラーを魅せる
ラームを中盤に上げマルティネス、キルヒホフのボランチ
自慢の中盤
シュバインシュタイガー、クロース、ミュラーが抜けてしまう

まあじわじわと時間を掛けて変わっていくのだろう
まずは白星発進できたので合格なんだろう

アシスタントのヘアマン・ゲアランド氏にボルシアMGはやっかいな相手だと言われていたグアルディオラ監督は、初戦で得た結果にホッとしている。ブンデスリーガデビューを飾った指揮官は試合後、「もちろん素晴らしい相手に対する初勝利に満足している」と語り、次のように述べた。「ヘアマン・ゲアランドが言ったとおり、ボルシアMGは手ごわかった。これからの2、3試合は結果が大事だ。チームに自信をつけなければね。ダンテ、ハビ・マルティネス、バスティアン(・シュバインシュタイガー)のような主要選手のコンディション調整を継続しなければならない。彼らはまだ十分なトレーニングができていないんだ」「先週、チームと話してきたのはカウンターについてだ。ブンデスリーガでは多くの試合ではカウンターの応酬になる。我々にはカウンターがあまり合わないと思う。当然、良いチームと対戦するときは用いることもあるだろうけれどね。ただ、我々は試合をコントロールしなければならない。後半の立ち上がり10〜15分は、かなりスペースを与えてしまった。その後、ダビド(・アラバ)が前を向いたことで、コントロールできたと思う」相手DFアルバロ・ドミンゲスが立て続けにペナルティーエリア内でハンドをして、バイエルンが2度のPKを得たことについては、「これまでにこういう経験はないね」と振り返った。(Goal)

グアルディオラ監督は、「難しい試合になることは、はじめから分かっていた。ボルシアMG戦は常に難しい。後半の立ち上がり15分間は主導権を奪われていたよ」とコメント。「初勝利に満足はしているが、自信をつけるには、あと何勝か必要だね」と、白星スタートにも気を引き締めた。バイエルンは昨シーズンにドイツ初の3冠を達成。今シーズンからグアルディオラ監督が指揮を執っている。(SOCCER KING)

グアルディオラ監督が「難しい試合になることは、最初からわかっていた」と語ったように、4-1-4-1で中盤1枚の守備的MFに、攻撃的なMFシュバインシュタイガーを起用したため、守備面でバランスの悪さを露呈。2?1と1点差に詰め寄られた後は、主導権を握られる展開で苦戦した。後半24分PKで加点し突き放すと、得点を許さずに勝ち点3を獲得。主将ラームは「大事なのは初戦に勝ったこと」と喜び、先制点のFWロッベンは「アグレッシブな攻撃が部分的に機能した。今後数週間で我々はさらに強くなる」と手応えを口にした。(スポニチアネックス)

これ以上無いだろうという笑顔のリベリー(公式サイトから)

これ以上無いだろうという笑顔のリベリー(公式サイトから)