ドルトムント、ゲッツェの退団イベント中止

ドルトムントから移籍したゲッツェ
スーパーカップでのドルトムント戦で退団セレモニーの予定だったが中止に
まあそれはそうだろう、人気があり若くて代表選手
シンボル的選手がよりによってのチームに移籍
許せないだろうな、イベントを企画した方もどうなのか?

ボルシア・ドルトムントは、バイエルン・ミュンヘンへ移籍したMFマリオ・ゲッツェの退団セレモニーを27日に企画していたようだ。だが、ドイツ『ビルト』が伝えているところによれば、ファンの怒りを危惧して計画を中止したという。ドルトムントは27日にドイツ・スーパーカップでバイエルンと対戦する。ゲッツェはこの試合を負傷で欠場することが決まっているものの、ドルトムントのホームで行われるこの一戦で退団セレモニーが予定されていた。2001年にクラブの下部組織に加入した同選手を華やかに送り出すための企画だ。しかし、ライバルであるバイエルンに移籍したゲッツェをいまだに許せないというドルトムントのファンは少なくないようだ。移籍決定以降、ゲッツェ個人の『フェイスブック』に批判が書き込まれるなど、一部ファンによる誹謗、中傷は後を絶たない。そこでドルトムントは、ゲッツェの代理人と話し合った上で、過激なファンによる抗議と暴動を避けるためにセレモニーを中止することにしたようだ。(Goal)

update: 2013年7月26日11:54 pm