レヴァンドフスキ、バイエルンに行きたかったが残念ながらドルトムントに残留 | 楽しい楽しいバイエルン・ミュンヘン

公開日:2013/07/17
レヴァンドフスキ、バイエルンに行きたかったが残念ながらドルトムントに残留

レヴァンドフスキが移籍できなかったことに対して
「残念ながらクラブに残らなくてはならない」とコメント
残念ながら〜というのもすごいコメント
これでドルトムントのサポーターはどう反応するのか?
レヴァンドフスキは停滞するのか?逆にやけで爆発するのか?

レヴァンドフスキはテストマッチでゴールを決め続けている。13日のブルサスポル戦、16日のルツェルン戦でそれぞれ1ゴールを挙げて勝利に貢献したものの、同選手は笑顔を見せなかった。今年の夏にバイエルンへの移籍が容認されなかったストライカーは、初めてクラブの対応への不満を漏らしている。「昨シーズンの後半戦、僕はドルトムントのためにすべてを尽くしてきた。夏には移籍できると信じながら、プレーして、得点を挙げてきた。(クラブ幹部と)話し合った後、移籍させてもらえることを確信していた」「しかし、急にすべてが違う話になったようだね。いつの間にか、残念ながらクラブに残らなければならないことになっていた。このような僕への対応には違和感を感じている。だがドルトムントが、僕の放出で得られる移籍金を見送ることを望むのなら、僕はそれを尊重しなければならない」(Goal)