やっぱり狙っていたネイマール

ネイマールの獲得の噂はあったがやはり本当だった
しかしいきなり欧州初進出の不安があったから
ゲッツェに下とのことだったがスイスの厳しい天気での
話し合いでグアルディオラも納得

ルンメニゲCEOはドイツ『シュポルト・ビルト』に対し、就任前のペップ・グアルディオラ監督と相談の上で、ネイマールではなくゲッツェの獲得を決めたと語った。「我々はどういう選手を獲得したいのかという明確なビジョンを持っている。ペップとそのことについて話し合った」「実際のところ、それだけのクオリティーを持った選手で、我々が獲得することが可能だと分かっていたのは2人しかいなかった。ネイマールとゲッツェだ」環境面や文化面で、南米出身の選手がドイツに馴染みにくい懸念があることが、ゲッツェを選ぶ理由の一つになったようだ。「話し合った時の状況はよく覚えている。チューリッヒでペップと会ったが、その時の天気はとにかく酷いものだった」「私はペップに窓の外を見るように言った。30度以上の暑い国を出たブラジル人が、マイナス6度のここに来ることを想像してみてほしいと。言葉や文化の違いも若い選手にとっては簡単なことではない」(Goal)

update: 2013年7月11日11:41 pm