ゲッツェがでかでかとNIKEのTシャツを着て入団会見 | 楽しい楽しいバイエルン・ミュンヘン

公開日:2013/07/06
ゲッツェがでかでかとNIKEのTシャツを着て入団会見

fc27d_260_293122_hp世の中にいろいろTシャツはある
その中でNIKEを着てくると言うのは確信犯か
ちょっと頭の問題か、それも普通着ないであろうのでかでかとしたロゴ
彼ちょっと大丈夫?
まあスタッフの超ミスでもあるんだが

バイエルン・ミュンヘンMFマリオ・ゲッツェが、出だしでヘマをやらかしてしまった。2日に入団会見に臨んだ同選手だが、スポンサーの「アディダス」とは違う「ナイキ」のTシャツを着て会見に出席し、スポンサーの怒りを買ってクラブが謝罪する事態となったのだ。アディダス社は「好ましくないサプライズ」だと不快感を表しており、広報のオリバー・ブリューゲン氏は「契約からして受け入れられないことだ。バイエルンの公式活動であり、バイエルンのパートナーはアディダスだからである」と話している。これを受け、バイエルンの広報責任者は、ドイツ『ビルト』で「我々は電話で謝罪した。このような状況がもう起きないようにすると約束する」とコメント。アディダス社に謝罪したことを明かした。バイエルンはまた、ゲッツェがナイキ社のTシャツを着ている写真をすべて差し替えなければならなかった。(Gazzetta.it.)

バイエルンの入団会見の席でゲッツェが着ていたTシャツには、大きく「NIKE」の文字。アディダスのユニフォームを持った状態での写真撮影でも、もちろんゲッツェのTシャツはナイキである。ドイツ『ビルト』によると、スポークスマンは「マリオ・ゲッツェの会見の写真は、我々にとってネガティブな驚きだった。アディダスのパートナーであるバイエルンの公式イベントでの出来事であり、契約上受け入れがたいこと」と話したそうだ。バイエルンの広報担当は、「我々はアディダスに謝罪をした。こういったことが二度と起こらないよう、彼らに約束をした」と述べている。(Goal)