いよいよバルセロナ | 楽しい楽しいバイエルン・ミュンヘン

公開日:2013/05/02
いよいよバルセロナ

4-0で勝利しそのままの勢いでバルセロナのホームでも撃破したい
しかしドルトムントもあれだけ優位だったが
最後のレアルの粘りにびびった
ドルトムントよりも優位なスコアだが絶対は無いかも知れない
それでも勝利は動きづらい

ハインケス

ファーストレグの結果を考え過ぎてはいけない。試合後に評価はできるが、どちらのチームがより優れているかを言うことはできないよ。バルセロナは何年にもわたり、これだけハイレベルなプレーをしてきたんだ。我々は、ミュンヘンでの試合が一回だけのことじゃないと示したい。我々には我々の哲学があり、今季はトップクオリティーのサッカーでバイエルンが偉大なチームだと示してきた。我々には我々の文化があり、明日、カンプ・ノウでゴールを決める力もある。諦めるクラブもあるだろう。だが、バイエルンでは全員が非常にポジティブな反応を見せた。我々は変更をし、良い選手たちを獲得して、いくつかのことを修正し、チームスピリットを強化した。スペインのビッグクラブを率いれば、その文化も身に着け、すべてをよりよく理解できる。自分が望むときに、いつでもスペインに戻ることができると分かっているよ。私はマドリーでCLを制覇した。ビルバオでも素晴らしいことを成し遂げた。バルセロナには素晴らしいスポーツ文化がある。文化の栄えた素晴らしい街だし、大好きだよ(Goal)

ディフェンス陣は、なるべく自分たちのゴールから遠くにいなければいけない。そして、1ゴールか2ゴールを奪いに行くことだ。それも我々の可能性に入ってくる。我々は自分たちのプレーをしなければならない。バルセロナは、素晴らしいレベルにあるチームだ。彼らは、開始1分から我々にプレッシングを仕掛けてくるだろう。我々にプレスの下でプレーすることを強要してくるはずだ(Goal)

シュバインシュタイガー

僕らはファーストレグでファイナルへの扉を開いた。でも、まだ仕事は終わっていない。情熱を見せて、それを確実にしなければいけないんだ。バルサのようなチームが相手なら、なおさらだよ。昨季と比べて、僕らはさらに素晴らしいチームだと思う。だからここにいるんだ。バルセロナは素晴らしいチームだから、タフな試合になるだろう。今季の僕らはCLで素晴らしい戦いをしてきた。1点か2点を奪えば、バルセロナにとってはさらに厳しくなる。攻めるチャンスがあれば攻めるよ。僕ら全員がファイナル進出を夢見ている。難しい時間もあるだろうし、リスクがあることは分かっているよ。誰かがカードをもらえば、それはアンラッキーということだ。でも、僕らはロンドンへ行くために、自分たちにやれることだけに集中している(Goal)

僕たちがファーストレグで扉を開けたのは明らかだ。でも、まだ何も決まっていない。明日の試合は、タフなものになる。カンプ・ノウで抵抗できるチームは僅かしか存在しない。そして今、バルサのプライドは傷ついている。それが彼らをより危険にするんだ、僕はカンプ・ノウで2回プレーしたことがあるけど、アリアンツ・アレナとは違う。しかし、試合が11対11で行われるのは一緒だ。僕たちは冷静にこの試合に臨むよ。バイエルンのシャツを身に着けることは、いつも誇りだ。明日の夜のような試合では、なおさらだね。僕たちは大きなモチベーションに満ちている。今の僕たちはとても強い。僕たちは、バルサが普段どのようにプレーしているかを知っている。中盤をベースにサッカーをするけど、ウィングをうまく使ってダメージを与えることもできる。僕たちは素晴らしい調子にあり、この試合でも勝利を目指す。シャビは、ワールドクラスのプレーヤーだ。彼と対戦するのは、素晴らしいことだよ。でも、問題はバルサにはシャビ以外の選手もいるということだ。彼らをストップするために、僕たちは全力を尽くす(Goal)

ミュラー

バルサは素晴らしい雰囲気とともに試合に挑んでくるはずだ。だから、僕たちは(ファーストレグと)同じようにプレーしなければいけない。ミラン戦で起きたことを見てごらんよ。ファーストレグでの違いは大きかった。僕たちは試合開始から攻撃のポテンシャルを最大限に発揮したし、そうしてアドバンテージを得ることができた。バルサはミュンヘンでは良くなかった。だが、明日の試合では別の顔を見せると思う。だから、注意しないといけない。スペインのチームは、常にホームで強さを見せる。でも、僕たちはドイツのサッカーが成長していることを実感している。僕たちは代表と同じ視線で物事を見ているんだ。スペインは僕たちにとって一番のライバルで、この経験をできることは喜びだよ(Goal)

ロッベン

僕たちは決勝に進出したい。それはつまり、僕たちがファーストレグと同様にうまくやらなければいけないことを意味する。少しでも悪くなってはダメなんだ。僕たちが一番陥りそうなミスは、もう僕たちが決勝に進出していると考えることだ。4-0というスコアを逆転できるチームがあるとすれば、それはバルセロナだ。ホームでの試合よりも、集中して臨まなければいけない。最初の1分目からね。何が起きても良いように、準備をしておくべきだ。ボールボーイのボールを出す早さなども含めてね。バルセロナは、僕たちが1ゴールを奪えば、6ゴールを必要とすることを知っているはずだ(Goal)

ハビ・マルティネス

バルサは、決してあきらめない。こういった状況で、逆転を可能にするチームがあるとすれば、それはバルサだ。彼らは、ミランを相手にホームで4-0で勝っているんだよ!シャビ(・エルナンデス)が、この前の試合中に僕をののしるような言葉をかけてきた。こういった試合では、非常に高い緊張があるんだ。プレー中は、友情などないからね。でも、試合後には、互いに手を差し伸べて握手をした。彼は僕に、バイエルンに勝つのは難しいと言っていたよ(Goal)

グアルディオラ

グアルディオラ氏は4月30日、現在滞在しているコロンビアで講演会を行った。そのコメントをスペイン『アス』が伝えている。「ファンタスティックな2チームが対戦する。何が起きてもおかしくない。両者ともに、国内リーグで圧倒的な支配を見せた。(試合観戦が)待ちきれずにイライラしているよ。予想? 私は予想がとても苦手なんだ…(笑)」「ドイツのサッカーは今年、非常に興味深かったと思う。だが、スペインのサッカーは(ルイス・)アラゴネスと(ビセンテ・)デル・ボスケという2人の偉大な人物によって、とても高いレベルにたどり着いている」(Goal)

ヒッツフェルト

バルセロナが4点を奪うことは想像できない。ユップ・ハインケスのチームはここ最近まったく別のスタイルでプレーしており、相手チームを支配している。ユルゲン・クリンスマンの下でバルサに敗れたチームとはまったく違う。ブンデスリーガの首位チームがリーガエスパニョーラの首位チームを4-0で下し、2位チームが2位チームを4-1で下したのであれば、本当に勢力図が変わりつつあるということだ。だがドルトムントもバイエルンも、セカンドレグであらためてそれを証明しなければならない(Goal)

バルセロナ欠場選手

バルセロナは30日、クラブの公式ウェブサイトで、MFセルジ・ブスケッツとDFエリック・アビダルが、5月1日に行われるバイエルン・ミュンヘンとのチャンピオンズリーグ準決勝セカンドレグを欠場すると明らかにした。ブスケッツは腰の負傷でリーグ前節のアスレチック・ビルバオ戦を欠場していた。ティト・ビラノバ監督は30日の会見で、同選手の出場について、練習後に決断すると話していたが、コンディションが整わなかったようだ。バルセロナはブスケッツとアビダルのほか、DFカルレス・プジョールやMFハビエル・マスチェラーノも負傷離脱中。DFジョルディ・アルバは累積警告で出場停止となっている。(Goal)

ビラノバ監督

我々はバルサであり、敗退が決定していると考えてピッチに立つことはあり得ない。選手たちは追い風など吹いていないことを理解している。だが私は、チームが諦めることなく戦い、頭を上げたまま試合を終えると確信している。我々は逆転を信じている。ピッチで相手と競う意思がないなど、あってはならないことだ。観衆への敬意、このチームが勝ち取った周囲からの敬意、4-0という優位性を手にしながら、勝利を確信していないライバルへの敬意によってね。我々のプレーを示せることを期待する。バルサのパフォーマンスを通じて、ゴールを決められることをね。もちろん、失点をしないことも重要だ。だがゴールを決める必要性を念頭に置き、ピッチに立たなければならない。ただゴールだけに執着するのではなく、我々の普段のプレーを通じて、だ。メッシの決定力の重要性は、このチームの誰もが理解していることだ。彼の状態が良いほど、決勝進出の可能性は高まるだろう。しかし、彼だけにプレッシャーを押し付けてはならない。メッシをサポートすることで、チームはさらなる強さを手にする。だが他選手の仕事も欠けてはならないものだ(Goal)

メッシ

アルゼンチン代表FWは、チーム練習が休みの現地時間29日にも、ジョアン・ガンペール(バルセロナの練習場)に現れた。負傷中のDFカルレス・プジョール、DFハビエル・マスチェラーノらとともにジムで汗を流している。メッシは中国『テンセン・ウェイボー』のミニブログで、バイエルン戦に向けて次のように意気込みを表している。「リーガ前節ビルバオ戦(2-2)では、最後に勝利を逃してしまったね。これから、逆転に向けて準備を進めていくよ!」(Goal)

ピケ

僕らは失点をせず、早い段階で少なくとも1ゴールを挙げて、最後まで戦うことが必要だ。僕らが代表するのは、決して諦めることのないクラブなんだよ。多くの勝利を手にし、長い歴史を持つクラブだ。僕らはバルセロナを代表しているのであり、良いイメージを示したい。僕らは100%、逆転が可能だと信じている。できるだけ早く得点しなければいけない。どんどん自信を付けていくためにね。0-4で負ければ自分のことを疑う者だけど、時間が経てばやれると信じるようになる。サッカーはとても心理的なものでもあるんだ。彼らがゴールを挙げれば、6ゴールが必要となる。それは厳しい。でも、僕らは信じている。2009年に僕らは4-0で勝った。でも、今の彼らは違うチームだ。監督も選手たちも異なり、ずっと良いチームになっている。近年の僕らは、どんな状況でも、どのチームでも倒せるということを示してきた。ファンのサポートも必要だ。まだ敗退していないと感じることが必要だよ。すべてがうまくいけば、僕らはやれる。メッシが何を意味するか、僕らは分かっている。彼は世界最高の選手であり、彼がいることはチームにとってベストの知らせだ。僕らは全員を必要としている。特にメッシをね(Goal)