公開日:2013/04/28

レヴァンドフスキ獲得にファーガソンが待った

多分バイエルンに来るんじゃないかレヴァンドフスキ
しかしユナイテッドのファーガソンが待ったをかける
言っていることは正論だが
まあユナイテッドに言ったら香川とのラインが復活だしいいのか

レアル・マドリーとのチャンピオンズリーグ準決勝ファーストレグでも、1試合4ゴールの大活躍を見せたレヴァンドフスキ。今夏の去就が注目される同選手について、代理人のマイク・バーテル氏は先日、夏に移籍することで「あるクラブと合意に達している」と話している。有力視されているのは、ドイツ国内のライバル、バイエルンだ。だが、ドルトムントはレヴァンドフスキの残留を望んでいると強調しており、バイエルンも獲得決定の報道は否定している。選手本人は去就について明言していない。バイエルンはすでに、ドルトムントに違約金を支払った上でMFマリオ・ゲッツェを獲得することで合意している。それだけに、ファーガソン監督は、これ以上ドルトムントサポーターの感情を刺激することはないと見ているのかもしれない。イギリス『ガーディアン』が、同監督のコメントを伝えている。「正しい選手が来るのなら、動く準備をしなければいけない。必要なクオリティーを備えている限り、私は誰のためにでもスペースを見つけることができる」「レヴァンドフスキがバイエルンに売られるとは確信していない。ドルトムントのファンは喜ばないだろう。私は、彼ら(ドルトムント)が最大のライバルに売却するとは思わないよ。契約を全うさせるか、ほかのところに売るだろう」(Goal)