公開日:2013/04/28

ハインケス、次はレアルか

今期でバイエルンを去るハインケス
これだけ強いチームを作りバルサをボコッたなら
レアルだって欲しいだろう、ハインケスとしても前回のリベンジをしたいだろう

バイエルンの来シーズンからの新監督にはペップ・グアルディオラの就任が決定。ハインケスは今季限りで退任することになり、今後の去就は明らかにされていない。ドイツ各メディアが次のようにハインケスのコメントを伝えた。「6月30日以降に何をするのか言うつもりはない。私は落ち着いて考えている。何をすることになるかは少し前から分かっている。私には今まで代理人がいたこともないので、スペインからの噂はメディアが書いているだけのことだ」バイエルンは今週、チャンピオンズリーグ準決勝ファーストレグのバルセロナ戦に4-0で大勝。ボルシア・ドルトムントもレアル・マドリーに4-1の勝利を収めた。ドイツサッカーにとって素晴らしい1週間だったとハインケスは語る。「スペクタクルなサッカーの1週間だった。ブンデスリーガが大きな話題となり、我々がヨーロッパのエリートと同じレベルにあると示すことができた」「スペインにはしばらく住んだこともあるので、また戻るのを楽しみにしている。カンプ・ノウで試合をするのはどの選手にとっても素晴らしいことだ」(Goal)

1997年にはレアル・マドリードの監督に就任し、レアルマドリードにとって32年ぶりとなるUEFAチャンピオンズリーグ制覇に導いた。しかしリーグ戦では4位と結果を残せず1シーズンで退任した。(wikipedia)