公開日:2013/03/27

ロッベンにインテルとガラタサライが興味

ロッベンにインテルとガラタサライが興味
グアルディオラになりロッベンは放出だろうというなか
2つのクラブが興味を持ったらしい
もしガラタサライに行ったら
ロッベン、スナイデル、ドログバ
あっという間にすごいチームができた

ロッベンは今季、ベンチを温めることが多くプレー時間が少なくなっている。このことから来季に向けてインテル、またトルコのガラタサライが獲得に動くという。1月に代表のチームメイト、スナイダーが移籍してきたガラタサライは移籍金として1800万ユーロ(約22億円)を用意するといわれている。ロッベンはバイエルン・ミュンヘンだけでなくチェルシー(イングランド)、レアル・マドリード(スペイン)でリーグ制覇を経験しており、現在の契約は2015年までとなっている。(デイリースポーツ)

日本代表DF長友佑都の所属するインテルが、バイエルンのオランダ代表MFアリエン・ロッベン獲得を検討していると、ドイツ紙『ビルト』が報じている。同紙は、昨夏に1800万ユーロ(当時のレートで約18億円)を準備してロッベン獲得を検討したインテルが、再度獲得に動くと報じた。その一方で同紙は、ガラタサライもロッベン獲得を狙っていると伝えている。ガラタサライには、オランダ代表の同僚でレアル・マドリード在籍時にともにプレーしたMFウェスレイ・スナイデルやチェルシー時代の同僚であるコートジボワール代表FWディディエ・ドログバが所属している。(SOCCER KING)