クロップ出演で話題のPV、ボアテングだけじゃなくリベリーたちも | 楽しい楽しいバイエルン・ミュンヘン

公開日:2013/02/23
クロップ出演で話題のPV、ボアテングだけじゃなくリベリーたちも

クロップ出演で話題のPV
ボアテングがメインだが後半ちょっとだけ
バイエルンの練習が映りリベリーメイン
しかしPVというのはかっこいい

曲名は「ワンタッチ」で、デュ・マロックは主に社会的不利な立場の若者に、サッカーをテーマに夢を追いかけ続けるよう、歌詞にのせて呼びかけている。曲を提供しているのは、ベルリンの若者向けに無料でスポーツの場を与える「ミッターナハトシュポルト(真夜中スポーツ)」団体だ。同団体の後援者であるドイツ代表DFジェローム・ボアテングのほか、ブンデスリーガ2部ヘルタ・ベルリンに所属するMFエニス・ベン=ハティラや、ハノーファーMFマヌエル・シュミデバッハらベルリン生まれの選手たちがミュージックビデオに出演している。クロップ監督はベルリン出身ではないものの、社会的活動を積極的に取り組んでいることで知られている。ドュ・マロックが知り合いを通じて問い合わせてみたところ、クロップ監督もそのコンセプトを気に入り、出演を快諾したそうだ。(Goal)

日本だってがんばっていた
岡田監督かっこいい