グアルディオラ・バイエルン vs バルセロナ決定

バイエルン vs バルセロナ決定
プレシーズンマッチでバルサとやることはある
宇佐美が一瞬光ったのもバルサ戦
しかし今度のバルサ戦は今までのただ豪華なカードというだけではない
グアルディオラ vs バルセロナという禁断の対決が実現

バイエルン・ミュンヘンとバルセロナは6日、クラブの公式ウェブサイトで、7月24日にアリアンツ・アレナで親善試合を行うことを発表した。ペップ・グアルディオラ氏の就任もあって、大きな注目を集めそうだ。バルセロナで黄金時代を築いたグアルディオラ氏は、今シーズン終了後にユップ・ハインケス現監督の後任として、バイエルンを率いることが決まっている。7月から指揮を執るグアルディオラ氏が、プレシーズンマッチで古巣と対戦することになった。両クラブによると、カタールで行われている欧州クラブ協会で両クラブは合意に達したとのこと。試合は60歳の誕生日を迎えるバイエルンのウリ・ヘーネス会長の引退試合として、「ウリ・ヘーネス・カップ」の名称で開催される。収益はチャリティーに充てられるそうだ。(Goal)

バルサの下部組織で育ち、トップチームでも輝かしい実績を残したグアルディオラ氏は、引退後の2008年に古巣の指揮官に就任。在任4年間で、2度のチャンピオンズリーグ制覇や3度のリーガ・エスパニョーラ制覇など14個ものタイトルを勝ち取り、バルサに黄金期をもたらした。昨季限りでチームを去り、現在は休暇中の同氏だが、今季終了後から3年間の契約でバイエルンの指揮をとることが決定している。バイエルンのCEO(最高経営責任者)を務めるカール・ハインツ・ルンメニゲ氏とバルサのサンドロ・ロセイ会長は、6日にカタールのドーハで会合を開き、試合の開催が正式に決まった。バイエルンのウリ・ヘーネス会長の60歳の誕生日を記念して行なわれるこの試合の収益は、すべて寄付されることになる(ISM)

バルセロナは6日、今夏のプレシーズンにバイエルンと親善試合を行うことが決まったと発表した。試合は7月24日にバイエルンの本拠地アリアンツ・アレナで開催され、“ウリ・ヘーネスカップ”とバイエルンの会長であるヘーネス氏の名前が冠される。また、同試合は慈善事業を目的とし、得られた利益は社会目的のために使用される。バイエルンは、来シーズンから前バルセロナ監督、ジョゼップ・グアルディオラ氏の指揮官就任が発表されており、早くもシーズン開幕前に古巣と対戦することとなった。グアルディオラ氏は2008-09シーズンから4シーズンに渡り、バルセロナを率い、14個のタイトルをクラブにもたらしている。(SOCCER KING)

update: 2013年2月7日11:04 pm