冬の放出は無し

バイエルン・ミュンヘンのマティアス・ザマーSD(スポーツディレクター)は、1月の移籍市場で選手を売却するつもりはないようだ。だがザマーSDは、DFミチェル・ヴァイザーのみ例外的にレンタル放出することを検討している様子だ。バイエルンでは、出場機会の少ないDFラフィーニャやMFアナトリー・ティモシュクなどに移籍の噂が浮上しているところだ。しかし、ザマーSDは1月の移籍市場で選手が退団する可能性を否定している。ドイツ『TZ』で次のように語った。「我々は、後期に向けたチームを準備している。ラフィーニャはティモは、我々の構想に入っている」「唯一、移籍が考えられるのはミチェル・ヴァイザーだ。すべての条件が整えば、だがね。もちろんレンタルでだ。彼はまだ若いから、レンタル移籍は必ず充実したものになる」(Goal)

冬の放出は無し
この流れを切りたくないし
怪我人のことを考えると絶対放出はできない

update: 2012年12月18日11:51 pm