チャンピオンズ・リーグ決勝 | 楽しい楽しいバイエルン・ミュンヘン

公開日:2012/05/19
チャンピオンズ・リーグ決勝

いよいよホームで開催されることになった
チャンピオンズ・リーグ決勝戦
バイエルン vs チェルシー

バードシュトゥーバー、アラバ、グスタボが出場停止
チェルシーもテリー、メイレレス、ラミレス、イバノビッチが
さらにCB2人が怪我明け、こっちもヴァン・ブイデンがベンチに入るかどうか
メンバーの欠け具合はチェルシーの方が厳しいか

チェルシーは今まで1トップだったが
ドログバとトーレスの2トップもあるかも知れないとのこと

そしてGMは怒っている

ヘーネスGMは、ミュンヘンで行われるCLの決勝戦の観戦チケット価格が370ユーロ(約3万7740円)からなんと3500ユーロ(約35万7000円)の法外とも言える値段で売られていることを受けて、主催者であるUEFA(欧州サッカー連盟)に苦言を呈している。「なんてひどい値段なんだ。UEFAはファンからお金を吸い取ることしか考えていないようだ」なお、決勝の舞台と同じバイエルンの本拠地アリアンツ・アレーナで行われたCL準決勝のレアル・マドリー戦のチケットは、最高でも120ユーロ(約1万2240円)で販売されていた。(スポーツナビ)

ハインケス

チェルシーの強みは、多様なシステムを使いこなせる点にある。事実、準々決勝のベンフィカ戦と、守備に徹しカウンターで勝利をつかんだ準決勝のバルセロナ戦とではスタイルが全く異なる。19日の決勝では、バルセロナ戦とは違うサッカーを見せてほしいと思っている。チェルシーはシーズン終盤にかけ調子を取り戻し、ここ数週間の試合内容は大きく向上している。チェルシーには経験豊富な選手たちが何人かいる。チームで長年プレーしてきたベテラン陣が偉業を成し遂げたいと願うのは当然だろう。これは、われわれにとって非常に警戒すべき要素だ。試合はオープンな展開となり、勝利の可能性は五分五分と言ったところだろう。とはいえ、決勝が“アリアンツ・アレーナ”(バイエルンの本拠地)という点で、われわれの方がわずかに有利と言えるかもしれない。CLで優勝できれば、肩の荷が下りるというものだ。チームの勝利、または素晴らしい試合を目にした後で、初めて決勝を心から楽しむことができるだろうね。チームは今シーズン、特にCLで素晴らしい戦いを見せた。しかし、ここ数週間は移動も多く、チームは準備、試合の分析、そして試合とハードスケジュールに追われていた。すべては多大な努力を伴うものだった。ホームで優勝することは特別な意味を持つ。(インテルがホームで優勝した)1965年以来の快挙となるだけに、優勝できれば最高だろう(スポーツナビ)

11年ぶりにCL制覇を成し遂げるチャンスだ。それも、自分たちのスタジアムでね。素晴らしい伝統を持つ多くのクラブが、この大会を制すために長い時間待っている。このチャンスは、二度とないかもしれない。自分たちのスタジアムで決勝をするなんて、最高の機会だね(Goal)

ラーム

彼(リベリー)は試合を決めることができる一流選手だ。彼は2年前の試合に出られなかったから、すごく気合が入っている。チェルシーの多くの選手にとって、ラストチャンスだろう。僕たちにとっては、おそらく違う。プレッシャーがあるのは普通だよ。とにかく、2010年よりもタイトルへの自信は大きいね(Goal)

シュバインシュタイガー

モスクワでのファイナルを経験した選手たちは、特別なモチベーションでこの決勝に臨むはずだ。彼らは、今回がラストチャンスだと思っているだろう。ランパード、ドログバ、アシュリーなどは要注意だ。ドログバには、最大の注意を払わなければならない。彼は、一発で試合を決められる選手だ。僕は、ランパードに大きなリスペクトを感じている。彼は、どの試合でも効果的なプレーをする。彼は(シャビ・)アロンソに似ている。常に自分のビジョンで、プレーできるんだ(Goal)

まだ、どういったメンバーでいくのかは明かさないよ。でも、立ち上がりからうまく入っていきたい。僕たちは、自分たちの試合をしたい。それができるはずだ。マンチェスター・シティと対戦したときでも、僕たちはそれができたよ。チェルシーは明日の試合で、バルセロナ戦のときよりも攻撃的にくると思う。(2010年の決勝)あの試合から、大きな知識を得たと思う。僕たちはアグレッシブな守備でやられてしまった。挽回するのは簡単じゃなかったよ。(2010年の決勝は出場停止だった)フランク・リベリが、明日の試合で鍵になってくれるかもね(Goal)

リベリー

ゲームに関して言えば、バルセロナの方が強いね。でも、戦術、組織、セットプレーでは、チェルシーの方が優れている。チェルシーは準決勝で、バルセロナのようなチームと戦うために、やらなければいけないことをした。決勝でもディフェンシブに入るだろうね。僕たちにとっては、厳しい試合になるはずだよ(Goal)

僕はもう29歳で、毎シーズンこうした試合を経験できるわけじゃない。決勝に進むこと自体が難しい。だからこそ、この試合は本当に大事なんだ。僕らは全身全霊で臨み、すべてを出し切らなくてはならない。それで死んだとしてもいいくらいに。(ISM)

(チェルシーのロマン)アヴラモヴィッチ会長は長い間、チャンピオンズリーグのタイトルを欲している。もし、チームが負けるようなら悲惨なことだね。会長からの重圧が頭をめぐって士気を下げ、追い込まれるだろう。僕たちは負けるなんて考えていない。もし、そうなったら取り乱すだろうが、チャンピオンズリーグに勝てば今シーズン国内のリーグやカップを取れなかったことはみんな気にしなくなるよ(SOCCER KING)

ロッベン

一世一代の大勝負だ。いよいよその時が来た。人生で一度はCLのタイトルを手にしておかなきゃね。2年前の決勝では負けたけど、もう一度チャンスが巡ってきた。僕らは今季欧州の舞台で、自分たちが最高峰のチームだと示してきた。土曜(19日)には僕らがナンバーワンだと言えればいいね。すごいことになるだろうな(ISM)

ノイアー

チェルシーは戦術的にとても訓練されている。彼らはバルセロナ戦でそれを示したよね。ただ、僕は彼らがバルセロナ戦の時のように、守備的な姿勢で戦ってくるとは思っていない。ドログバはとても優れたストライカーだ。フィジカルが強く、自分の力を発揮する方法を理解している。今シーズンのチャンピオンズリーグで、いかに彼が危険か見てきたよ(SOCCER KING)

ディ・マッテオ

クラブの歴史を決めるゲームだ。我々にとっては初のチャンピオンズリーグ制覇だしね。クラブにとっても、選手たちにとっても、ほかの試合とは比べられないほどのビッグゲームだ。知識、能力、経験、勝つためにはすべてが必要になるだろう。彼ら(ロッベン、リベリー)を封じる必要はあるが、そんなに単純な話じゃない。すごいプレーヤーがたくさんいるからね(SOCCER KING)

(ドイツカップに負けたが)彼らはこの上なくプロフェッショナルであり、19日にビッグゲームがあると分かっているから、すぐに切り替えているはずだ。我々のアドバンテージにはならないと思う。環境やピッチを知っているから、少しは(バイエルンが)有利かもしれない。でも、ホームであることによって、プレッシャーもいつも以上にあるはずだ。だから、完全なアドバンテージとは言えないんじゃないか。(ISM)

バイエルンは充実したシーズンを過ごした。適切なアプローチが必要だ。バイエルンは、環境を把握しているね。でも、我々にはモチベーションがある。選手たちは、この舞台に立つために必死にやってきた。自信を持ってプレーすることは大きい。我々の選手は、自分たちの偉大さを理解して臨むことが重要だ。我々の選手には、CL優勝のためのクオリティーが備わっている。私はポジティブだし、自信たっぷりだ。今夜のトレーニングを見てから、最終的なメンバーを決めるよ(Goal)

ランパード

相手の強みに立ち向かわなければいけない。(フランク・)リベリ、(アリエン・)ロッベンだけはないよ。ほかにも危険な選手がそろっている。それに彼らは、チームとして非常に強力で、どのように彼らにダメージを与えるかだ。特にクロースとシュバインシュタイガーの存在を考えるとね。彼ら2人は、今シーズン世界最高のMFの2人だよ(SOCCER KING)

テリー

累積警告で決勝に出られない選手たちも、チームをサポートすることはできるはずだ。僕らは、決勝に向けたトレーニングの中で、チームに貢献していきたい。リーグが終わった今、僕らはCL決勝に集中しなければならない。決勝に向け、全員が準備を整えることを期待している。リーグ最終節を白星で飾ることができたのはポジティブなことだ。おかげで、CL決勝には勝者のメンタリティーを持って臨めるはずだ(スポーツナビ)

ドログバ

明日の試合はすごく大事だ。僕たちが4年待ったチャンスだよ。僕の将来とか契約は、大事なことじゃない。自分についての多くの噂が出ていて、バルセロナの話もある。でも、真実じゃない。CLの興奮は、こういったことよりもはるかに大事だ・試合を楽しみたい。でも、明日の試合は、何よりも勝つことだ。僕たちはCL決勝まで来た。そのことは満足している。誰も決勝まで行くなんて思っていなかったね。でも、僕たちはここまで来た。明日は、優勝にふさわしい戦いをする。バイエルンには、経験豊富で偉大な監督がいる。僕は彼に大きな敬意を持っているよ。僕たちはきついシーズンを過ごし、批判を浴びた。僕たちはビッグチームだから、うまくいかないときは非難される。明日の試合に勝てば、みんなが素晴らしいシーズンだと言うだろう。将来、記憶されているのは、僕たちがカップを掲げたことだね(Goal)

モスクワの後、翌年にはまた決勝へ行けると思っていたが、CLは決勝までたどり着くのは困難を極める。今回は決勝進出に値すると思うよ。僕たちはドイツに行き、バイエルンと対戦する準備のために全てを捧げているよ(SOCCER KING)

チェフ

19日の決勝は、チェルシーの多くの選手にとってラストチャンスになるだろう。僕もそうだし、テリー、ランパード、ドログバなどにとってもね。だから、絶対勝ちたいと思っている。バイエルンには、ボールを持つことが好きな選手が何人もいる。また、彼らはスピーディに攻めることを好む。バルセロナ戦と同じような展開になるだろうね。僕たちは、あのときのように、うまくプレーしなければならない(スポーツナビ)

マタ

バイエルンは攻撃に絶対の自信を持っている。しかも、決勝のスタジアムは“アリアンツ・アレーナ”(バイエルンの本拠地)だ。だが、それが彼らにとって必要以上に大きな重圧となり、僕らにとっては逆に有利に働く可能性もある。チェルシー移籍1年目にして、FAカップで優勝し、CLでも決勝までたどり着けるとは正直想像していなかった。そして、サポーターから注がれる愛情にも深く感謝している。ドログバとトーレスの2トップとプレーして、居心地悪く感じる中盤の選手などいるはずがない。彼らはタイプの異なるFWだが、お互い理想的に補い合っている。そして何よりも、2人には高い得点能力が備わっている。僕は監督の指示通りにプレーするだけだし、CL決勝の舞台に上がれるだけで満足だ(スポーツナビ)

ダビド・ルイス

数年前、この決勝でプレーする夢を見たことがあるけれど、今回、本当にプレーする機会がめぐってきた。これはサッカー選手なら誰でも憧れるチャンスだ。もし出場できるのなら、このひとときを楽しまないとね。シーズン最初の試合やチャンピオンズリーグ決勝となれば、特に大きく感じるものだ。バイエルンはビッグチームだ。”本拠地での決勝ということで大いに話題を呼んでいるし、チェルシーはその分、プレッシャーから多少解放されるのではないかとの声もある。でもうちの選手たちは、この決勝に勝つことの重要性を理解しているよ”。シーズン途中にさまざまな困難を経験した末に、チェルシーはカップを一つ手にした。そして今、世界最高峰の大会でもう一つの優勝杯を獲得するチャンスを得た。選手は自分たちのやっていることを正しいと信じ続け、今まさにその成果を手に入れているんだ。ナポリ、ベンフィカ、そして(グループステージ突破がかかっていた)バレンシアを相手に、夢のような勝利を収めた。チェルシーはこの決勝にふさわしいチームだよ(uefa.com)

カーン

彼らは良いシーズンを過ごしてこなかった。(08年に)CLファイナルで痛い敗北を経験しているね。1999年の我々と似たようなものだ。チェルシーが平均的なチームと考えるのは危険だよ。だが、バイエルンはチェルシーを軽く見るほど愚かではないはずだ。彼らは消去ボタンを押し、今の自分たちに成し遂げられることへ完全に集中しなければいけない。それは、CLに勝つということだ。最高のことだね。このタイトルを獲得できない選手だっているんだ。だから、カップ戦のファイナルのことは忘れなければならない。何が起きたかを分析するには、シーズンが終わってから話せば良い(Goal)

マカーイ

彼らには、タイトル獲得の大きなチャンスがある。ホームアドバンテージがあることは、もちろんさらなるモチベーションになるだろう。自分たちの国で開催されるCLで決勝に達するなんて、信じがたいことだ(Goal)

バラック

バイエルンでも、チェルシーでも僕は幸せな時間を過ごした。どちらも良い思い出ばかりだ。どちらにも、幸運を祈っている。ホームで戦えるバイエルンが有利だ。それは、感情的な意味合いでアドバンテージになる。チェルシーでは、出場できない選手が何人かいる。それも、守備陣にね。それはチェルシーのようなクラブにとって、大きな痛手だ。バイエルンもチェルシーも、国内リーグで優勝できずに、今回のCL決勝を迎える。こういったビッグゲームでは、国際的な経験や不安、少しの運で勝敗が決まってしまうことを忘れてはならない(Goal)

エッフェンベルク

シュバインシュタイガーには、大きな期待がかけられている。しかし、彼はその期待に応えるために時間をかけてはならない。今回こそ、彼は素晴らしいプレーを見せるべきだ。遅かれ早かれ、彼はリーダーとしてバイエルンを引っ張っていかなければならない。彼は、インテリジェンス溢れるプレーをする必要がある。リベリやロッベンが活躍することを、いつも期待しているようではいけない。現在のバイエルンのプレースタイルは、相手にとって予測できるものとなってしまっている。バイエルンが有する選手のクオリティーから見て、彼らは異なるシステムでも、うまく機能しなければならない。だが、この試合で勝利すれば、今シーズンを良い形で終えられるだろう(Goal)

エウベル

優位チームはないと思う。チェルシーはファイナルにふさわしいチームだ。彼らはあのバルセロナを破った。でも(レアル・マドリーを下した)バイエルンもそうだ。50対50だね。ミスの少ないチームがトップに立つ。ただ、ハードな試合になるだろう。PKで決まるじゃないかって思っているよ。ドイツはPK戦でも冷静だし、おそらくバイエルンが勝つんじゃないかな(Goal)

来シーズンからチェルシーでプレーすることが決まっているマリン

(チェルシーが)勝つと思うよ。バイエルンは、CL準決勝のレアル・マドリー戦で素晴らしい戦いをした。でもDFBポカール(ドイツカップ)決勝ではうまくやれていなかった。(DFBポカール決勝で)彼らは大きなミスを犯した。チェルシーが攻撃的にプレーすれば、うまくいくはずだよ。バイエルンで最も強いのは(フランク・)リベリだね。彼のドリブル、ゴールは本当に脅威だよ。マリオ・ゴメスもいる。CLで多くのゴールを決めているし、絶えず危険な選手だ。彼らを止められれば、うまくやれるはずだ(Goal)

トッテナムの監督レドナップ

バイエルンがチェルシーに勝ってくれるといいね。(ウェストハム時代の愛弟子であるフランク)ランパードがプレーしてもしなくても。私が忠誠心を向けているのは、トッテナムだけだ。チャンピオンズリーグに出場したい。そう願っているんだ(SOCCER KING)

ユーロ寸前で気が気でない代表監督レーブ

チェルシーとの試合に勝てば、彼らがヨーロッパ最高のチームの一員だということを意味する。選手にとって大きいし、モチベーションになる。すぐに我々の求めるリズムを手に入れてくれるだろう(Goal)