公開日:2012/05/07

ドルトムントとは健全なライバルに

ルンメニゲがバイエルンとドルトムントは
バルサとレアルみたいな悪い関係にならないことを願っているとコメント
大丈夫、まだまだ差はあるからそこまでむきにならない

バイエルン・ミュンヘンのカールハインツ・ルンメニゲ代表取締役は2日、ドイツの『スポーツ・ビルト』のインタビューを通して、スペインのバルセロナとレアル・マドリーの間に存在するライバル関係を引き合いに出し、バイエルンとドルトムントの関係が健全であり続けるべきとの意見を強調した。「わたしはバイエルンとドルトムントのライバル関係が、スペインのバルセロナとレアル・マドリーの間のような関係に悪化しないことを願っている。彼らを見ればお分かりになるだろうが、スペインのライバル関係には全くリスペクトが存在しない」(スポーツナビ)