公開日:2012/04/21

リベリーとロッベンの喧嘩

レアルに勝った日、バックステージでも闘いがあった
リベリーとロッベン、世界一のサイドコンビ
がFKを誰がやるという理由で喧嘩
そしてその後一緒に仕事してレアルに勝利
こういうことで本気になってとっくみあい素晴らしい

17日の欧州チャンピオンズリーグ準決勝第1戦でRマドリードを2*1で破ったBミュンヘンのフランス代表MFリベリとオランダ代表MFロッベンが、ロッカー室で殴り合いのケンカを行っていたと、ビルト紙が報じた。原因は前半45分のFK。「蹴りたい」というリベリに対し、ロッベンが「トニ(クロース)に蹴らせろ。練習でほとんど決めていた」とMFクロースが蹴ることを主張。しかし同MFが外したことで、リベリが激怒。その後のロッカー室でケンカが起きたという。Bミュンヘンのヘルビック広報は「ロッカー室で起きたことについて何も言うことはない」とだけコメント。2人はケンカの後、一緒にピッチに戻り、そのままフル出場。後半45分のゴメスの決勝ゴールもともに喜んだ。また2人はその後、チームメートに謝罪もしたという。(日刊スポーツ)