いよいよバイエルン vs レアル・マドリッド | 楽しい楽しいバイエルン・ミュンヘン

公開日:2012/04/18
いよいよバイエルン vs レアル・マドリッド

アリアンツに凱旋するための最後の関門は
レアル、ここで倒してバルサも倒す
素晴らしいストーリーが始まる

この試合を裁くのは2009/10のCL決勝戦、2010ワールドカップの決勝戦の主審ハワード・ウェブ

△ハインケス vs モウリーニョ△
△ノイアー vs カシージャス△
△シュバインシュタイガー vs シャビ・アロンソ△
●クロース vs エジル○
○ゴメス vs ベンゼマ●
○リベリー&ロッベン vs ロナウド&ディ・マリア●
●バードストゥーバー vs カルバーリョ?○
と特にひいき目に見なくても互角

ハインケス

スペインの2つのクラブは、おそらく我々よりも少し優れている。しかし、2つの試合を戦い、我々がマドリーを大会から追い出すことはできるはずだ。マドリーとの試合はビッグマッチだね。バイエルンは、彼らと争った歴史があり、かなりポジティブなものだよ(Goal)

私には、マドリッドに多くの友人がいる。彼らがバイエルンに敬意を持っていることは知っている。私は、自分の相手のことをよく知っているし、選手のこともリザーブメンバーのことも分かっている。彼(シュバインシュタイガー)を最初から使うかは、まだ決めていない。彼(モウリーニョ)は至る所で彼の足跡を残してきた。彼はヨーロッパで最高の監督の一人だよ。(ゲキサカ)

バイエルンは彼らの天敵だ。彼らは我々をリスペクトしている。お互いにね。レアルは去年よりもさらに強くなっている。リーグ戦では最多得点記録をつくった。スペクタクルで攻撃的なサッカーをする。素晴らしいアタッカーたちがいるね。だが、彼らだってウチの選手たちの心配をしなければいけないはずだよ。(Gazzetta.it.)

ラーム

僕はクリスティアーノ・ロナウドに敬意を持っている。彼は成功を収めるために、頑張ってきた。才能にあふれているけど、もっと向上するために努力をしてきたんだ。世界最高峰の選手との戦いを楽しみにしているよ。でも、僕たちは彼を止めるために、全員で対応しなければいけない。クリスティアーノを90分、完全に封じることはできない。でも、僕たちがうまくやって、彼に多くのチャンスを与えなければ、レアル・マドリーを倒すチャンスはあるはずだよ(Goal)

最高レベルの試合になるよ。2つのトップチームが対決するんだ。これ以上のことはないよ。選手や監督だけじゃなく、報道陣やファンも、サッカーファン全員が楽しみにしている。些細なことが勝敗を分けると思うよ。僕らは攻撃的なプレーで最後まで戦い抜くつもりだ。(公式サイト)

シュバインシュタイガー

火曜日は、オール・オア・ナッシングだ。限界以上のことをしなければいけない。でもファンのサポートがあれば、それも可能だ。簡単じゃないだろう。精神面の強さが試されるね。バイエルンのメンタリティーを発揮したいね(Goal)

リベリー

準決勝でマドリーと対戦することは、僕たちにとって素晴らしいことだと思う。僕たちは今、良いプレーができている。マドリーはビッグクラブで、この2試合は大きなものだよ(Goal)

ロッベン

僕らは全力を出すよ。素晴らしいバイエルンを見てもらえるはずだ。そう確信している。マドリーを倒すには、120%でなければならない。それは疑いないね。全力で、パーフェクトな試合をしなければいけない。マドリーに秘密なんてないよ。彼らには計り知れないポテンシャルがある。それは明らかだ。でも、最も重要なのは、彼らには最高の指揮官がいるということだ。こういう試合の戦い方を常に分かっている監督がね。マドリーの攻撃には素晴らしいクオリティーがある。1メートルも(スペースを)与えてはいけない。ずっと彼らを近くで見ていなければいけないんだ。マドリーではとても良い日々を過ごした。素晴らしいクラブだよ。かつてのチームメートたちと対戦するのが特別なことであるのは当然だ。でも、僕ももう結構バイエルンにいるし、今はここでハッピーだよ。何より、ファイナルに進むことを考えている。相手がどこであってもね。(Goal)

ミュラー

CLについてはモチベーションは問題ない。確かに国内リーグの優勝は不可能となったが(残り3試合でドルトムントとの勝ち点差は8)、まだカップ戦とCLが残っている。このレアル・マドリー戦を全力で戦うつもりだよ(スポーツナビ)

ゴメス

17日のレアル・マドリー戦では、すべてを出して燃え尽きるような試合をしたい(スポーツナビ)

ベッケンバウアー

チャンピオンズ・リーグのレアルの試合を見た。彼らはビックチームだが、それでも普通のレベル。よく訓練されているとは思うが、バルセロナのような自由な発想はない(スポーツナビ)

マカーイ

(マリオ・)ゴメスは素晴らしいシーズンを送っているね。(フランク・)リベリも。(アリエン・)ロッベンもこの数週間、とてもいい。バイエルンで最も重要な選手の1人とも言える(バスティアン・)シュバインシュタイガーもコンディションを取り戻してきた。驚くべきメンバーだよ。(マヌエル・)ノイアーという素晴らしいGKもいるしね。マドリーを倒せる力があるかどうかは試合を見てみないと分からないけれど、勝てる可能性は間違いなくあると思う。(uefa.com)

デミチェリス

マドリーとバルサが、ほかのチームより優れていることに同意するよ。でもバイエルンは、フットボール、組織の両面でトップ3に入るクラブだ。家族のようだよ。非常に大きいクラブだけどね偽善者ぶるつもりはないよ。彼らの勝利を望むのは当然だ。マドリーを応援してはいない。バイエルンが、決勝進出を熱望していることを理解している。決勝の舞台がアリアンツ・アレナだし、(2010年のCL決勝で)ベルナベウでインテルに敗れたからね(Goal)

ヒッツフェルト

これまでの対戦成績を考えれば、バイエルンの優位性が強調される。レアル・マドリーはバイエルンに大きな敬意を持っているね。バイエルンが突破する可能性は、十分にあると見ているよ。バイエルンにとって何よりも好都合であったのは、バルセロナではなくマドリーと対戦することだ(Goal)

対するレアル
モウリーニョ

レアルとバイエルンは非常に強く、その力は拮抗している。決勝の舞台が自分たちのホームスタジアムになるため、彼らには特別なモチベーションがあるはずだ。正直言って、決勝がレアル対チェルシーになるとは思わない。バイエルン、バルサが来る可能性はある。レアル対チェルシーは思い付かない。その理由はみんなが知っている。問題はバルサの相手がどこになるかだ(ISM)

マドリーのミュンヘンでの成績は、何の意味もなさない。明日の試合を、歴史によってプレーするわけではないんだ。過去の結果など何でもない。この試合は勝利を望む2チームが対戦する、ただの準決勝なんだ。バイエルンはホームで決勝を戦うため、格別のモチベーションを抱えている。我々も2シーズン連続で準決勝を戦うモチベーションにあふれている。何も失うことはできない。唯一失敗できるタイトルがコパ・デル・レイだった。コパは昨季に我々のものとなり、今季はそうではなくなった。コパはすでに敗戦した大会で、忘れるのが最善だ。だがリーガとCLは我々のものであり、負けることは許されない。勝つのみだ。(バイエルンについて)彼らはファンタスティックな監督と素晴らしい選手たちを擁するチームだ。組織的な強みがあり、我々にとっては偉大なライバルとなる。チームに対する最大級の賛辞とは、チームとして一つにまとまっていると話すことだ。私はバイエルンを、そのようなチームであると見ている。もちろんスペシャルと称される選手たちも、バイエルンには在籍している。だが、それはビッグクラブであれば当たり前で、彼らも例外ではない。それでも、バイエルンは最上級のチームだ(ゲキサカ)

バイエルンには素晴らしい選手が揃っており、素晴らしいチームと言える。彼らには決勝に進むための力があると思うよ。我々は2年連続で準決勝に来ているし、今は新たな一歩を踏み出すときだ。試合について私に迷いはない。誰がプレーし、誰がベンチに入るかまで決まっている。過去の対戦成績については関係のないものだ。私は過去には心配していないし、試合に対する高いモチベーションを持っている(SOCCER KING)

バイエルンは素晴らしいチームで、ファンタスティックな指揮官と最高の選手たちがいる。特別な選手たちで、その彼らがグループをつくっているんだ。(ルイス・)ファン・ハールとともに成長し、ハインケスは堂々とその仕事を続けている。我々のチームは常に勝つためにプレーする。スペクタクルを提供するという野心的な目標とともに、ね。今の我々がやっている良いことがタイトルにつながることを、本当に願っている。我々はCLとリーガでの優勝を目指すよ。明日は両チームによる別の試合だ。彼らにはさらなるモチベーションがあるだろう。ファイナルが本拠地で開催されるからね。我々にとっては2年連続のセミファイナルとなる(Gazzetta.it.)

C・ロナウド

バイエルンはCLを制覇するだけの力を持ったチームだ。僕たちにとって極めて厳しい対戦相手となることは間違いない(スポーツナビ)

僕らは目標を達成した。APOELを下し、CLベスト4に進出したんだ。次はバイエルンとの対戦だね。非常にハードな戦いとなるだろう。彼らはすごくタフな相手だ。ファイナルのことは考えていないよ。バイエルンはCLを制覇できるだけのチームなんだからね(Goal)

カカ

バイエルンの攻撃陣に気をつける。昨日、素晴らしい試合をしたリベリ。ロッベンもいい選手だ(スポーツ報知)

僕らが最も恐れるのは、バイエルンの攻撃陣だ。フランク・リベリは火曜の試合(マルセイユ戦)でも素晴らしかった。アリエン・ロッベンもすごく良かったね。そして、マリオ・ゴメス。彼は今季のCLで11ゴールを決めている。彼らはバランスがうまく取れたチームで、僕らは十分に注意しなければいけない(Goal)

セルヒオ・ラモス

バルセロナのことや、スペインでのタイトルのことを考えていてはいけない。僕らはバイエルンとのCLセミファイナルを戦うんだ。相手はワールドクラスのチームだよ。彼らには素晴らしいクオリティーがある。(アリエン・)ロッベンや(マリオ・)ゴメスのような、違いをつくれる選手たちがいるんだ。(Goal)

シャビ・アロンソ

この段階で勝利を約束することはできない。しかし、再びCL決勝の舞台に上がり、レアル・マドリーの歴史に名前を刻みたいと心から願っている。これは僕の夢だ。アウエーで行われる第1戦でゴールを奪えれば、ホームでの第2戦に向けて大きなアドバンテージとなる。17日の試合では積極的にゴールを狙っていくつもりだ。バイエルンも僕らと同様、攻撃陣に豊富なタレントをそろえ、速い展開のサッカーを得意としている。従って、僕らが彼らのスタイルに戸惑うことはないだろう。勝利の鍵は、ミスを極力なくし、効率的な攻めで試合をコントロールすることだ。僕らは皆、タフな試合を戦い抜く覚悟は100パーセントできている(スポーツナビ)

バイエルンがとても良いチームであることは分かっている。攻撃陣にはクオリティーとタレントのある選手たちがそろっており、僕らのディフェンスラインを破ることもできるだろう。その攻撃力はかなりのものだと思っている。僕らはできるだけ彼らをチェックし続けなければいけない。ファーストレグで良い結果を残せると期待しているよ。もちろん、負けたくない。セカンドレグに向けてアドバンテージとなるよう、アウェーで1ゴールを挙げたいね。勝つか、得点を奪っての引き分けにしたい。でも、目標は勝利だよ(Goal)

ヴェンゲル

(バイエルンに対して)マドリーはテクニックやフィジカルの強さなど、アドバンテージがある。私は、60対40でマドリーだと思うね。CL開幕から今季のマドリーはどこよりも安定していた。最も印象的だったね(Goal)

シュスター

バイエルンはレアル・マドリードほどのレベルにはない。とりわけセンターバックの差は大きい。レアル・マドリードのセルヒオ・ラモスとペペは、バイエルンのボアテングとバトシュトゥバーを実力で凌駕している。それゆえ、バイエルンがレアル・マドリードに果たして対抗できるのか、私は疑問を感じずにはいられない。レアル・マドリードはクリスティアーノ・ロナウド、ベンゼマ、ディ・マリア、エジルなどを、バイエルンはロッベン、リベリー、マリオ・ゴメス、シュバインシュタイガーなどを擁し、どちらとも引けを取らない。試合の鍵となるのは、バイエルンがどうやってシャビ・アロンソを封じ込めるかだろう。彼は守備陣と攻撃陣を繋ぐキーマンだ。レアル・マドリードの試合を作り出しているのは彼に他ならない。そして、バイエルンでこの大事な役目を担うのはトニ・クロースだ。レアル・マドリードと対戦する際、シャビ・アロンソを抑えることは、エジルを抑えることよりも重要だ(SOCCER KING)

あわせて読みたい