公開日:2012/02/16

ベッケンバウアーがロッベンに怒る

ベッケンバウアーがロッベンに怒る
ゴールを決めたときにチームよりも家族に行くことに
腹が立つらしい
何度も結婚離婚をしているやつに家族がどうだとか言われたくないが

ベッケンバウアー名誉会長は、オランダ代表のウィンガーはゴールを決めた際にスタンドにいる家族に向かってゴールを祝うのではなく、もっとチームメートに感謝を示すべきだと感じている。ドイツ『sky.de』にベッケンバウアー名誉会長は、「ロッベンはほかの多くのプレーヤーのように、セルフィッシュなプレーヤーだ」とコメントしている。「彼の良いプレーやゴールを決めた後のリアクションは、アシストしてくれたプレーヤーに感謝を示すのではなく、スタンドにいる彼の家族に向かっている。よりチームのことを考えるべきだ」(Goal)

ミュラーは「ロッベンがセルフィッシュだという批判は、間違ったものだよ」とドイツ『TZ』に話している。「彼の特徴の一つに、高いドリブル能力がある。そして、ドリブルというのは個人で行うプレーだというのが事実だ」「僕には、最近彼がワン・ツーのリターンを無視してドリブル突破を図ったという記憶はないよ」(Goal)