10.23:ハノーファー(A) | 楽しい楽しいバイエルン・ミュンヘン

公開日:2011/10/25
10.23:ハノーファー(A)

10.23:ハノーファー(A)1-2×

■得点
83:アラバ
■交代
68:ラフィーニャ >>> アラバ
84:ゴメス >>> オリッチ
87:バードシュトゥーバー >>> ペテルセン

ここで負けてしまった
ゴメスのゴールはことごとく嫌われてしまった
何となく負けてしまったと言う気が
ロッベンはいらないんじゃないか?という記事があったが
こういう時途中からロッベンが入ったら変わったのになあと思った

今までができすぎなので反省することも含め
この敗北はありとしたい

※ボアテングは2試合の出場停止になってしまった

ハインケス

少なくとも1ポイントには値した。今日我々は敗れたが、私はいくつかの勝利よりも満足しているよ。良いスタートを切れなかったが、以前よりも強くなって戻って来る。まずペナルティーをとられ、それから退場があった。それでも後半に2度のビッグチャンスを迎えた。終了間際にも(バスティアン・)シュバインシュタイガーにビッグチャンスがあった。ただ私はチームを称えなければいけない。素晴らしい士気を示したからね。すさまじい雰囲気の中でも、我々は集中し、冷静さを保っていた(Goal)

ノイアー

全体的に非常に不運な敗戦だった。でも我々は不変だ。チームには多くの代表選手がいて、自分たちに何ができるのか理解している。自分たちに腹が立つことはない。自信は失っていないし、新たな連勝をスタートさせる。まずは(DFBポカールの)インゴルシュタット戦、その後のニュルンベルク戦から始まる(Goal)

ウリ・ヘーネス

恥ずべきプレーだ。以前からずっと演じているかのような行為だった。彼の演技で、試合は台無しになった。ファールではなかった。レフェリーはファールを取らなかった。しかし彼はオーバーに4回も転がった。今夜はぐっすり眠れることだろう。この場面でレッドカードが出された。(クリスティアン・)シュルツも押していたし、イエローカードを受けた。これで試合は根本から覆り、ピントはまるで大きなケガを負ったかのように痛がった。しかし2分後に、彼はうさぎのように走り回っていた。不名誉なことだが、これが初めてではない。セルジオ・ピントはフットボールではなく、オスカー賞のためにロサンゼルスで暮らす役者だ(Goal)