公開日:2011/10/20

ミュラー、チェルシーを断っていた

ミュラー、チェルシーのオファーを断っていた
チェルシーは嫌だろ、もっと違うチームに
と言ってもまあバイエルンが一番あっているとは思うが

バイエルン・ミュンヘンに所属するドイツ代表MFトーマス・ミュラーは、チェルシーからのオファーを拒否していた。選手本人が認めている。昨年のワールドカップ(W杯)で得点王になるなど、大きなインパクトを残しているミュラーには、国内外のビッグクラブが関心を示していた。ただ、本人はバイエルンに満足しているようで、ドイツ『ビルト』で次のように話した。「W杯の後で、チェルシーを含むいくつかのクラブからオファーをもらったけど、断ったよ。毎日のように起こることじゃないから、名誉なことだね。でも、僕のような若さで行動を起こすことに意味があるとは思わなかった」「プロとして1年過ごしただけで変化が必要だとは思わなかったね。僕の年を考えると、プレーしなければいけない。ここで快適にプレーしているよ」(Goal)