7.28:アウディカップ:vs バルセロナ戦 | 楽しい楽しいバイエルン・ミュンヘン

公開日:2011/07/29
7.28:アウディカップ:vs バルセロナ戦

アウディカップ決勝戦
メンバーはどちらも2軍メンバー
バイエルンとしては初日は先発候補のメンバーで
今回はバックアップメンバーで組んで2日でほぼ全選手が見れるという
開幕前には結構参考になる布陣

この試合目立ったのはよくも悪くもグスタボ
とにかく良く出てきた
オリッチとブットが若いメンバーが多いこの中で
やはりベテランっぷりを見せつけた
そして宇佐美は右サイド、ロッベンがだめな時にどうなる?
今まではここはアルティントップ、しかし宇佐美は違いをみせられるか?
右サイドは結構厳しかった
しかし左サイドでは結構いい感じでそのレベルを維持できればと感じる

後半、バルサはどんどん知らない若い選手を投入
バイエルンはシュバインシュタイガー、ゴメス、ミュラーと
1軍をどんどん投入
中盤がミュラー、クロース、宇佐美という
未来のバイエルン布陣、しかしバルサは誰が出てもバルサの試合をし
そして2点も入れて勝った

ハインケス

バルセロナのサッカーはハイレベル。しかしわれわれは長いこといいディフェンスをみせ、ほぼ得点機を与えることはなかった。バルセロナは90分間を通じてそこまで好機はなかった。ハーフタイム前の1:0はとても嫌な時間帯に奪われた。ボールポゼッションが少ないなか、1度、2度と絶好機があった。バルセロナとの対戦ではこのようなチャンスを活かさなければいけない。いいシーズンになると確信している、しかしまだ多くの課題がある。オートマティズムにできるようにしないといけない、今のところまだバラバラなところがある。(公式サイト)

シュバインシュタイガー

前半に2度チャンスがあった。バルセロナは本当にボールを失わない。それでも彼らに勝つことはできる。もちろん両チームともベスト布陣ではなかったが、いいテストマッチだった。(公式サイト)

ラーム

まだ自分たちが目指すところにはいない。だけど先週に比べると大きく前進した。チームはいい状態。戦術的により連係をとっていかなければいけない。(公式サイト)

バードシュトゥーバー

勝ちたかったのに残念。だけどすばらしい大会だった。観衆にとってもね。これで前向きに進める。ボアテングとの守備はうまくいったよ。あまりチャンスを与えなかった。(公式サイト)