公開日:2011/07/27

ビダルをネタにユベントスと喧嘩

ハインケスと一緒にやりたいとか
バイエルンに来たいとかいいながら
落ち目のユベントスに「優勝するためにユーヴェに来た」
といまだにユベントスがメインにいると状況判断も出来ないビダル
個人的には全く必要と無い思っていたのであまりチェックもしてなかった
まあヂエゴみたいにならないように

しかしこれをネタにユベントスと喧嘩
これでCLのユベントスが楽しみだって7位かよ

ルンメニゲ

彼のような選手をバイエルン・ミュンヘンに欲しくはない。彼は何度も(バイエルンのウリ・ヘーネス)会長にバイエルンとサインすると約束した。彼の約束にどんな価値があるのか、これから見てみようではないか。選手が約束を守り、キャラクターを示して、モラルのある人間であったなら、彼は我々のところに来ていただろう(Gazzetta.it.)

ビダルが約束を守り、モラルのある人間であることを示していれば、今頃は我々の下に来ていただろう。だが、彼は彼と同じようなクラブへ行った。ユーヴェの(スキャンダルの)歴史や最近の結果を見るだけでもそれは分かるはずだ(Goal)

ユベントスに対しては

今、ビダルは彼のようなクラブでプレーすることになった。ユヴェントスの法的な歴史や、少なくとも最近のスポーツ面での結果を見るだけで十分だろう(Gazzetta.it.)

マロッタ・ユベントスGM

どうやら、ルンメニゲはあまり正統ではないやり方に頼っていたようだ。彼とバイエルンのことは気の毒に思う。彼らはマーケットにおいてもコミュニケーションに関しても、素晴らしい機会を逃した。沈黙していた方が好ましかったはずだ。ルンメニゲのような偉大なカンピオーネであり、偉大なマネジャーである人物のインテルでの過去が響いているのは明らかだ。そして周知のように、ハートを支配することはできない(Gazzetta.it.)

彼らはマーケットでも、コミュニケーションにおいても、良い機会を失ったんだ。黙っていた方が好ましかったはずだよ。ルンメニゲのような偉大な選手、偉大なディレクターのインテリスタとしての過去が重く響いているのは明らかだ。周知のように、心を支配することはできないからね(Goal)

これだけいろいろ言っても悔しくないぞ、と

ビダルが来なかったことが悔しいことだとは思わない。バイエルンに、彼のような選手はいない方が良い。仮に、選手が(マヌエル・)ノイアー、(イェロメ・)ボアテングと同様のキャラクターを示し、彼の言葉に忠実であれば、モラルを持った人間だった。そうであれば、彼は今、我々のチームにいただろう(Goal)

ハインケスのコメント

アルトゥーロは私に、バイエルンでプレーしたいと言っていた。だから残念に思うよ。ただ、彼の状況は理解ができる。ユヴェントスでのチャレンジは興味深いものだ。ヨーロッパトップレベルのクラブだからね(Goal)