公開日:2011/07/25

リベリーの怪我は1週間程度で

リベリー負傷という記事
開幕大丈夫なのか?と思ったが1週間程度で大丈夫とのこと
アウディカップは宇佐美で楽しみ、開幕戦には完全な姿で

サッカーのドイツ1部リーグで、MF宇佐美貴史が今季加入したバイエルン・ミュンヘンは24日、クラブ公式サイトでMFリベリが練習中に左足首を負傷したと発表した。全治などはまだ分かっていない。バイエルン・ミュンヘンの開幕戦は8月7日。(スポーツナビ)

バイエルンは24日、クラブの公式サイトで、リベリが左足首を痛めたと発表。「最悪の事態を恐れている」とも記されたが、検査の結果、それほど大きなトラブルではないと判明しており、1週間で復帰できると明かされている。(Goal)

負傷直後、状況はおもわしくなかった、しかしフランク・リベリーとFCバイエルンがほっと胸をなでおろすことができた。日曜日の練習で足を捻り、ピッチから運び出されたフランス人はチームドクターのハンス=ヴィルヘルム・ミュラー・ヴォールファートの下での検査後、左足首のねん挫と診断された。リベリーは1週間の戦線離脱となり、火曜と水曜のアウディカップには出場できない。しかし早くて来月1日のDFBカップ初戦アイントラハト・ブラウンシュヴァイク戦で復帰する可能性がある。リベリーは「不幸中の幸いだった」と病院を出るときにコメント。28歳も当初、最悪のケースを考えた。「初めは大きな不安があった。靭帯がきれたかと思った」と彼は語った。チームメートと練習場にいたおよそ3000人のファンも同じことを恐れていた。(公式サイト)