公開日:2011/06/07

ノイアー、バイエルンに来たかった

シャルケから移籍しなきゃ行けないわけじゃなく
バイエルンに来たかった、と
ノイアー

シャルケから移籍しなければいけないわけじゃなかった。でも、そうしたかったんだ。国外に行くこともできたけど、それも僕の望むことではなかった。僕にとって、ブンデスリーガは偉大なリーグだ。ドイツのサッカー連盟はベストだよ。僕は最高のクラブでプレーしたかった。それがバイエルン・ミュンヘンだ(Goal)

代表監督もバイエルン移籍を喜ぶ
レーブ

バイエルンはチャンピオンズリーグでコンスタントに戦う。彼らは常にタイトルを狙って戦うチームで、それは彼の成長にもつながることだ。私にとっては、何も変わらない。ほぼ1年間、彼は我々のナンバー1だった。その信頼に今シーズンの活躍で応えてくれたね(Goal)

そして古巣のシャルケがレーマンを獲ろうとするといらねーだろ、と

レーマンは、エドウィン・ファン・デル・サールと並んで、僕の大好きなGKの一人だった。でも、正直に言うと、彼がシャルケに加わっても、うまくいくとは思わない。マティアス・ショーバーを信頼すべきだと思う。彼はしばらくシャルケにいて、経験も豊富だ。僕が自分らしいプレーをするために、彼は大事な役割を担っていたよ。それはフェーマンに対しても同じようにできるはずだ(Goal)