公開日:2011/05/05

ノイアーは60億出しても獲るべきだ

ベッケンバウアーは60億円出しても獲得すべきだと

「彼は1シーズンにつき、止められないシュートを20個はセーブするGKだ。彼を獲得するために、すべてのことをしなければいけない。私がまだフロントにいたら、いくら払ってもいいと思うだろう。必要であれば、5000万ユーロでも支払わなければならない」(Goal)

シャルケは当たり前だが出来るだけ高値で売る

シャルケのスポーツディレクターを務めるホルスト・ヘルト氏は「移籍市場でのノイアーの価値はすでに非常に高い。市場価格がさらに上がるかどうか私には分からない。だけどこのCL準決勝ファーストレグを観て、思わず独り言を言ったよ“何故これほどの選手を売却するのか”ってね」と語っている。(FOOTBALL WEEKLY)

ノイアーを欲しいユナイテッドはシュマイケルまで出てきた

「おそらく彼は世界最高のGKだ。彼は何年もチームのキャプテンだった。プレーぶりはとても、とても成熟している。ミスを多く犯したりしないんだ」「もしもサー・アレックスが『聞いてくれ、私は君にウチのチームでプレーしてもらいたんだ』と言ったら、『イエス』と言わないのは非常に難しいことだよ」(Goal)

スコットランドの爺さんが来てくれというのよりドイツ皇帝の褒め言葉の方が明らかに上

ヘルトSDは、多額の負債を補てんするために、移籍金が得られる来夏にノイアーを売却しなければいけないわけではないと強調した。「ノイアー前のシャルケがあり、2012年に彼が我々の下を去ってからは、ノイアー後のシャルケがある。私はリラックスしているよ。我々はチャンピオンズリーグ準決勝に進出し、DFBポーカルでは決勝に進んだ。同じことを言えるクラブは多くない。今季はスポーツ面だけでなく、財政面でも成功だった。シャルケは何もしなくてよいんだ」「12年に彼をフリーで放出するのも問題ない。彼のことでどれだけの金額を求められるかは分からないね。考えたこともない。バイエルンとノイアーの間に何かあるか、合意があるのか、私は気にしていない。我々と彼が契約を結んでおり、全員がそれを尊重しなければいけないというのが事実だ」(Goal)

シュバインシュタイガー、来て欲しい

30日に行われたホームでのシャルケ戦で、4?1の勝利を収めたバイエルン・ミュンヘン。MFバスティアン・シュバインシュタイガーは、この試合で一部のバイエルンサポーターから批判を浴びせられたシャルケGKマヌエル・ノイアーを擁護している。「ノイアーはバイエルンに対して何も言っていないし、何もしていないと思う。だから僕は一部のファンが彼にしたことを残念に思っている。彼は非常に良いGKだし、本当に良いやつなんだ。最高のキャラクターがある。彼はバイエルンに合うだろうし、彼に来てほしい」(Goal)

シュヴァインシュタイガーはドイツ代表でチームメートのノイアーについて、ドイツのヴェルト紙に次のように語っている。「世界最高のGKというだけではなく、ドイツ代表でもあるマヌエル・ノイアーを獲得できるチャンスは逃しちゃいけない。このポジションを補強するチャンスがあるのなら、そうしないと。僕は個人的に、クラブが彼を獲得できるように願っているよ」30日の試合で、バイエルンのファンのなかには、「ノイアーはいらない」というプラカードを示した者もいたが、シュヴァインシュタイガーは気にする必要はないという。「古めかしい考え方を持っているファンはいつだっているものだよ。だけど、彼はただ素晴らしいゴールキーパーというだけじゃなくて、性格もとてもいいんだよ。寡黙で穏やかな人間だけど、練習場ではとても集中している。彼の性格ならどのチームに行っても大丈夫だし、彼の戦術眼はすごいんだ」とべた誉めだった。(FOOTBALL WEEKLY)