いよいよインテル戦 | 楽しい楽しいバイエルン・ミュンヘン

公開日:2011/03/16
いよいよインテル戦

さあリベンジ、選手の試合前のコメントのまとめ

UEFA.comより選手の状況

■バイエルン

軟骨損傷で長期離脱しているイビツァ・オリッチを除き、バイエルンはベストメンバーがそろっている。ダニエル・プラニッチ、マリオ・ゴメス、トニ・クロースの3選手はあと1回警告を受けると次の試合で出場停止になる。

■インテル

でん部を痛めていたルシオは復帰の見込みだが、太ももを負傷したエステバン・カンビアッソはベスト16第1戦を最後に欠場中。また、同じく太もも負傷のディエゴ・ミリートは2月から戦線離脱しており、ワルテル・サムエル(ひざ)は今季絶望の恐れがある。ルシオとクリスティアン・キブは次のイエローカードで次戦が出場停止になる。

ファンハール

インテルはサン・シーロ(ファーストレグ)で去年の決勝戦と同じような戦い方をした。1勝1敗だが、私の考えでは、どちらの試合でも我々が優れていたと思う。サッカーはゴールが決まるかどうかだ。明日の試合で、我々は集中しなければいけない。特に序盤だ。インテルの戦術を判断して、それに対処する必要がある。勝つことができれば、スペシャルな一日になるだろう。もし、CLで優勝することになれば、私はファンと同じように祝福する。それから、私は休息をとり、バイエルンは別の指導者の下でリスタートする。私は将来を考える。過去ではない。バイエルンはビッグクラブであり、去ることは悲しいだろう(Goal)

シュバインシュタイガー

試合を本当に楽しみにしているよ。UEFAチャンピオンズリーグは、僕にとって優勝の希望が残された最後の大会だ。だから、試合開始から全力で戦い、絶対に勝ち上がる必要がある。2試合を通して、僕らが優れたチームであることを証明できるはずさ。インテルにはベスレイ・スナイデルやサミュエル・エトーらの優れた選手がいるけど、僕らの方が上だと示せるだろう。まずはインテルを退けて勝ち抜けたい。その後、決勝に進出するには運も少し必要だ。昨シーズンはマンチェスター・ユナイテッドに敵地で0-3と大きくリードを奪われたが、そこから反撃して2-3まで持っていき、結局2試合合計で勝ち抜けた。すべてがうまく機能する必要があるけど、僕らには優勝できる実力がある(UEFA.com)

ロッベン

とても危険なゲーム。インテルがゴールを決めれば、とても厳しいゲームになる(UEFA.com)

クローゼ

インテル戦では、ハンブルガー相手にやったように戦わないといけない。僕たちにはアドバンテージがあるね。よりギャップを広げるために、ゴールを狙っていくよ(Goal)

ゴメス

CL優勝は可能なことだよ。僕たちは(トロフィーを)掲げたい。でも、まずは注意してインテル戦に臨まないといけないね。バルセロナが優勝候補の筆頭だろう。でも、サッカーでは何でも起こる。僕たちは優勝の可能性を持ったチームの一つだ(Goal)

レオナルド

インテルとバイエルンの最近の試合を見た。少なくとも3回はチェックして、すべて学んだよ。しかし、それぞれの試合は異なるものだ。コンディションで変わることもある。正しいタイミングで最高のコンディションをつくらないとね。ファーストレグは、違う結果になる可能性もあった。インテルが勝ったとしても、サプライズではなかったはずだ。明日の試合は、互角のところからスタートだ。私は楽観的だよ。このチームの強さとスピリットを知っているからね(Goal)

長友佑都

日本がああいう状況なので考えてしまう。その気持ちを背負って戦いたい(共同通信)

エトー

ミュンヘンで逆転するチャンスはある。そうできるといいね。チームは準備できているからね」と話した。バイエルンを倒せる。オレたちには、それだけの力がある。オレたちは良いチームだし、ポテンシャルを秘めてミュンヘンへ向かい、勝利を手にする(Goal)

パンデフ

インテルがバイエルンを倒す3つの理由?そうだな、我々のファンは本当に勝利に値する。このチームはビッグゲームを楽しんでいるし、そしてもちろん、我々はインテルなんだ。バイエルンのアタッカー陣は、我々にあらゆるトラブルを引き起こすことができる。でも彼らは守備が弱い。我々が狙っているところだよ。早い時間にゴールを奪って、彼らにプレッシャーをかけなければいけない(Goal)

モラッティ会長

我々は挽回できると信じている。ファーストレグでは、彼らも負けるリスクを背負っていたが勝った。我々だって、アウェーで勝つことができるはずだ(Goal)

あわせて読みたい