公開日:2011/03/08

ファン・ハール体制終了

契約打ち切りファンハール
ここまで上の人間の意見に耳を持たず
3連敗じゃあしょうがないか
昨シーズンができすぎだったから
今シーズンは本当にだめにうつる
しかし面白かった、本当にごたごたというか
でもここまで若手が伸びたのもファンハールの力
ファンハールが一番輝いたのはロッベンに抱きつかれ
転がり怪我をした時か

バイエルン・ミュンヘンは5日のブンデスリーガ第25節でハノーファーに敗れたことで、公式戦3連敗となった。これにより、ルイス・ファン・ハール監督の解任が取りざたされていたが、クラブは現体制の継続を決断している。しかし、予定よりも短い期間で、ファン・ハール体制が終わることになった。バイエルンはファン・ハール監督と、2012年までの契約を交わしていたが、2011年6月30日でクラブを去ることが決まったそうだ。「2011年3月7日、バイエルン・ミュンヘンは、カール=ハインツ・ルンメニゲ、カール・ホプフナー、スポーツディレクターのクリスティアン・ネルリンガー、監督のルイス・ファン・ハールでミーティングを行いました」「ルイス・ファン・ハールは2011年6月30日まで、バイエルン・ミュンヘンの監督であることが決まっています」「契約をキャンセルした理由は、クラブの戦略的な意見の相違です」(Goal)

そして次はレーブだ

バイエルンは7日、現在チームを指揮するルイス・ファン・ハール監督が今シーズンいっぱいで退任することを発表した。そこで、早くも新監督探しが始まっているようである。ただし、レーブ監督はドイツサッカー連盟と2012年までの契約を交わしており、現時点での引き抜きは難しそうだ。そこで、今シーズン終了後からレヴァークーゼンのユップ・ハインケス監督を招へいし、レーブ監督と契約できるタイミングを待つことになることも考えられているようだ。(Goal)