ファンハール、次のサインが終点 | 楽しい楽しいバイエルン・ミュンヘン

公開日:2011/01/02
ファンハール、次のサインが終点

ファンハール、次のサインが終点
バイエルンか、代表か、アヤックスか

バイエルン・ミュンヘンのルイス・ファン・ハール監督は、ドイツ紙『ビルト』とのインタビューの中で、「2012年にサインする契約が“監督としての最後の契約”になるだろう」とコメント。バイエルンとの契約が終了する12年に、監督として最後の行き先を決める意向であることを明かした。「12年にバイエルンとの契約を終えた後、監督として最後の契約にサインすることになるだろう。バイエルンにとどまるかもしれないし、どこかの代表チームの監督、またはアヤックスのゼネラルマネージャーになっているかもしれない」(スポーツナビ)

しかし選手たちが老人と言ったらやめるという

「選手たちがわたしを“老人”とみなすようになったら、すぐにでも監督をやめると思う」(スポーツナビ)

「2012年に、私はもう一つの契約にサインするだけだ。バイエルンとの契約を延長するか、ナショナルチームを率いるか、それともゼネラルマネジャーとしてアヤックスに戻るか」とファン・ハール監督は、ドイツ『ビルト』に語ったと伝えられている。「巨額のオファーが届いても考えを変えることはない。もはやお金のために働くことはない。喜びのために働いているんだ」「非常に良い人生を過ごしている。美しい妻に2人の美しい子供。それに多くのタイトルを勝ち取ってきた」(Goal)