10.3:ドルトムント(A) | 楽しい楽しいバイエルン・ミュンヘン

公開日:2010/10/04
10.3:ドルトムント(A)

これから香川のドルトムントと対決
アルティントップが負傷で外れかなりメンバーを変えてきた
ゴメスの1トップ

ボランチがファンボメルとプラニッチ
シュバインシュタイガーがトップした
左サイドがブラーフハイト

ドルトムントが良い流れ
バイエルンはなかなかかみ合ってない雰囲気

香川やっぱりすごいなあ
ファンボメル、プラニッチに囲まれても取られない
希望としては香川が1得点でゴメス2発でバイエルン勝利なんだが

ゴメス1人かわしてGKと1vs1もGKがセーブ

前半終了0-0
今日も青嶋アナウンサーのなるほど節は健在

後半デミチェリスが入る
ラームとブットが激突やっぱりかみ合ってない

51分スローインからバリオスがゴール
クロップ監督はシャドーボクシング式ガッツポーズ(相当回数)

デミチェリス、いい位置でハンドをしてしまいベロ出し
そのFKをシャヒンに決められ0-2
やっちまったのベロ出している場合じゃないだろ

ブラーフハイトを下げオリッチ、頼むオリッチ
ゴメスじゃやっぱりだめか

67分バリオスに行ってイエロー、何やっているんだ
バリオス、シュート、ブット取れないしかしポスト危ない

75分香川おつかれアウト
観客はスタンディング

結局敗北0-2
良い感じだなあという場面もほとんど無く
ゴメスもやっぱりだめ、デミチェリスも何のために入ったのかわからん活躍
こんな感じじゃどことやっても厳しい感じ
もう完全リベリー待ち、上に行くならロッベン待ち
クロース、今活躍しないでいたら、当然ベンチだぞ

香川真司

「最高の雰囲気。本当に大事な一戦と感じた」「シュートにいきたかった。ただ、厳しい日程の中で最低限のことはやれた」(サンケイスポーツ)