リーガ・トータル・カップ | 楽しい楽しいバイエルン・ミュンヘン

公開日:2010/08/06
リーガ・トータル・カップ

バイエルン、シャルケ、ハンブルガー、ケルン
30分ハーフでやったこの大会
GAORAで見たがシャルケ vs ハンブルガーおもしろかった
バイエルンがおもしろいのは自分で
「楽しい楽しい」なんて言っているぐらいだから自分的にはいい
しかしシャルケとハンブルガーは
ラウールが良かったファンニステルローイが良かった
やっぱり名前のあるベテランを見れるのは楽しい
もしバイエルンに来て故障ばかりだったら気分は違うが
対戦するチームに有名なベテランがいるのはそれだけでいい
ラウールは本当に良かったしファンニステルローイも
競うように頑張る、さらにゼ・ロベルト、日本の内田と見る物が多かった
しかしレアルから放出されるロッベン、ラウール、ファンニステルローイは
本当に素晴らしい、そしてみんなからリスペクトされている
選手にも問題があったとは思うがやっぱり
レアルは消耗品としか見てないような気がしてならない
ベンゼマも他に行けばリヨン時代のすごさが復活するのではないか?
開幕戦が楽しみになってきた

で、バイエルンだが凄いメンバーになってしまった
誰だよ、というメンバーばかり
逆に本当に都合よく考えればこんなメンバーを
見れるなんて貴重だ!・・・・と思うのがしんどいメンバー
やっぱりオットルとか出しちゃ行けないんじゃないか

ラウールのコメント

シャルケ04に新加入したラウル・ゴンサレスが、移籍後2試合目で早くも初ゴールを決めた。1日に行われたプレシーズントーナメント“リーガ・トータル・カップ”決勝戦で、シャルケはバイエルン・ミュンヘンと対戦。先発出場したラウルは前半、後半それぞれ1ゴールずつを決め、チームの3-1の勝利に貢献した。試合後、同じくレアル・マドリーからシャルケに移籍してきたクリストフ・メッツェルダーの通訳を介してドイツのテレビ局からのインタビューを受けたラウルは、チームの力を高く評価し、タイトルへの自信をのぞかせた。「僕らはすべてのタイトルを狙えるチームだ。特にドイツ国内の大会では大きなチャンスがあるだろう。プレシーズントーナメントで2連勝したとはいえ、今後は公式戦開幕に照準を合わせて準備を進めていかなければならない」(スポーツナビ)