ペリェグリーニ、ロッベンとスナイデルは残留して欲しかった | 楽しい楽しいバイエルン・ミュンヘン

公開日:2010/06/03
ペリェグリーニ、ロッベンとスナイデルは残留して欲しかった

レアルはすごい選手を凄い金額で獲ってくるが
監督はどれだけ難しいかわかっているはず
そんなところに行ったペリェグリーニも半分は責任があるぞ

現地ラジオ局『Cadena Ser』のインタビューで、ペリェグリーニ氏は「私は大きな希望と誇りを持ってこのチームに来た。しかし残念ながら私の思いどおりにはさせてもらえず、シーズン開幕から行き違いを感じていた」と心の内を明かした。さらに「私はクラブに対して(ウェズリー・)スナイデルと(アルヤン・)ロッベンを残すように要請した。彼らは私にとって非常に重要な選手だったからだ」と、クラブ側に対して納得のいかない点が多々あったことを明らかにした。(ISM)

  • Category

  • キーワードで選ぶ

  • 検索はここから

    月別リスト