プロたちのCL予想 | 楽しい楽しいバイエルン・ミュンヘン

公開日:2010/05/22
プロたちのCL予想

玄人ぶった素人(青木真也風)でいうと
雑誌の記者たちはインテル有利だと
まあ言っても素人なのでプロの意見を

アーセナル・ヴェンゲル監督

「成熟、経験がインテルにあると言える。ファイナルでは、それらの要素が非常に、非常に重要なんだ」「だが、現在の調子はバイエルンの方が良いだろう。面白いようにゴールを決めているからね。今の彼らは違う星から来たように見える。非常に魅力的だよ」「インテルにはディフェンス面でアドバンテージがある。それが違いとなるかもしれない。 “ロックされた” ファイナルとなるだろう。だから1つのゴールが違いになると考えているよ」(Goal)

マンU・ファーガソン監督

「きっと、彼ら(インテル)は優勝できるだろう。ただ、バイエルンは運を持っている。それは懸念材料だね」(Goal)

ミカエル・ラウドルップ

デンマーク代表のレジェンドであり、バルセロナやレアル・マドリーでも活躍したミカエル・ラウドルップ氏。同氏はマドリッドでGoal.comに対し、インテルとバイエルン・ミュンヘンはともにチャンピオンズリーグ(CL)決勝進出に値するチームだと話している。「(準決勝のバルセロナ戦で)インテルが戦ったスタイルが多く話されているね。しかし彼らはミラノでは非常に良い試合をした。彼らのセカンドレグでの戦いは好きではない。だがそれを良いという人もいるし悪いという人もいるものだ。プレーする相手に応じてするものだろう」「比較はしたくないね。スペインを率いることと、イングランドやドイツを率いることは異なるからだ。それぞれの国にスタイルがある。そして、異なるスタイルを持っている。だから私には、バイエルンでの(ルイス・)ファン・ハールとバルセロナでのファン・ハールを比較することはできない」(Goal)

バルサのシャビ

チャンピオンズリーグは22日、いよいよファイナルを迎える。バイエルン・ミュンヘン対インテルの一戦で注目を集めていることの一つは、バルセロナ時代に師弟関係だったルイス・ファン・ハール監督とジョゼ・モウリーニョ監督の対決だ。「ファン・ハールはかなり特別な監督だね。僕は彼のことをすごく尊敬している。僕にリーガでプレーするチャンスを与えてくれたというのもあるよ。彼は僕のことを信頼してくれたんだ。そのことは忘れていない。少し難しいタイプかもしれないが、良い仕事をすれば、試合に出られるんだ」「モウリーニョとはずっと良い関係にある。彼がアシスタントだったとき、彼がすごく知的で、サッカーのことをよく知っていることが分かった。偉大な監督になると思っていたよ。彼はサッカーのことを話すのが好きなんだ。とても明確なアイディアを持っているし、今はそれを見せている。モウリーニョが決勝に向けてどうやって準備するか、楽しみだね。一発勝負だから、彼にとってもより難しいだろう」(Goal)