インテル側のコメント | 楽しい楽しいバイエルン・ミュンヘン

公開日:2010/05/22
インテル側のコメント

もう時間いっぱい
インテル側のコメント中心で
バイエルンはシュバインシュタイガーのみまとめ

■シュヴァインシュタイガー
「ポジティブな姿勢で試合に臨むよ。チームの雰囲気は素晴らしいね。どの選手もこの一戦を待ちきれない様子だ。ドイツ史上最初の3冠を達成するのが、僕たちになればうれしいよ」
「今年の僕たちは、成功の哲学を持っていた。必要なときに我慢ができたし、そこらから反応することができたね。たとえ結果が出なかったときでも、良いフィーリングがあったんだ。今はその成果が出ている。ファン・ハールの考えは、本当にこのチームとフィットするよ」
「僕たちはどんな些細なミスも許されない。自分たちの試合をしなければね。もしそれができれば、トロフィーを手にする可能性は十分にあると思う」
「昨日ルシオにメールを送ったんだ。彼にまた会えるのが楽しみだよ。本当にナイスガイなんだ」

■ルシオ
「僕はインテルで幸せだ。明日はCLファイナルがあるし、すでにスクデットとコッパ・イタリアを獲得した。バイエルンは素晴らしいチームだ。(アリエン・)ロッベンや(イビツァ・)オリッチといった優れた選手たちがいる。でも、彼らは全員が強いんだ。どんなことでも起こり得るよ。でも、チェルシー戦やバルセロナ戦と同じように集中すれば、勝つのは僕たちさ」

■スナイデル
ロッベンについて
「試合前、そして試合中、僕らは友人ではない。話すのはそのあとだ」
「このスタジアムに戻ってこられたのは素晴らしいね。ロッベンは強力な選手だけど、彼だけが重要なわけじゃない」
「(インテルが)審判から助けられている?いろいろしゃべっても構わないけど、大事なのは僕らが勝ってきたということだ。2試合の戦いにおいて、判定はそこまで重くない。明日の試合も同じさ」
「僕は素晴らしいファイナルになると思っている。2チームとも強いし、今季のCLでそれを示してきた。難しい試合になるだろう」
「インテルに加入するために、ミラノへ向けて出発したとき、僕は自分がファイナルにたどり着くとは思っていなかった。でも、このグループは僕を驚かせてくれたんだ。そして今、僕らはここに勝負しに来ているんだよ」

■エトー
「僕らの目標はいつだって勝利の2文字だ。多くのファンも僕らが45年振りにCLで優勝することを待ちわびているはずだ。しかし、それが強迫観念に変わってしまうと、逆にいい結果をもたらさないことになるかもしれない」
「もし僕が今回の決勝でもゴールを挙げることができれば、優勝を引き寄せることができるかもしれない。とは言え、これまで2回の決勝はどちらもイングランドのチームだったし、今回は僕自身もチームを移籍しているので状況は異なる。名門バイエルン相手の決勝はまったく新しい経験になるだろう。どんな展開になるかとても楽しみだ」
元仲間のファンボメルに対して
「ファン・ボメルは真のリーダーであり、偉大な選手だ。僕は今まで多くの選手とプレーする機会に恵まれたが、彼こそが真のチャンピオンだと思う。彼は強じんなメンタリティーを持ち、常にポジティブだ。彼はすべてを持ち合わせた偉大な戦士で、バイエルンにとって必要不可欠な武器と言えるだろう」

■カンビアッソ
「ずっと夢に見てきた試合だ。それに、僕が少し自分の街だと感じているところでファイナルを戦う。たくさんの友達の前でね。今シーズン3つ目のトロフィーを獲得することで、僕らは歴史的な目標を達成することができる。でも、相手は強いチームなんだ。僕らが有利? そうは思わない。ファイナルはいつだってイーブンでスタートするんだよ。同じように、僕はチェルシー戦やバルセロナ戦でも自分たちが不利だとは思っていなかった。ファイナルまでたどり着いた2チームなんだ。彼らは出だしが悪かったけど、今は勢いに乗っているいるし、まったく止まらなくなっている」

■サネッティ(インテルのキャプテン)
「決勝を前にして、特別な感情が沸いている。なぜなら、僕にとってCLは本当に重要な大会だからだ。この大会で成功を収めることを追い続けてきたが、今シーズンはこれまでとは違った感触がある。僕には多くの大会で決勝を戦ってきた経験があるが、誰もがその価値の高さを認めるCLの決勝は別格だ。僕たちは今回の試合の重要度を理解している。なぜなら、サポーターが長きにわたり待ち望んできた試合だからだ。また、決勝にたどり着くまでの過程を考えれば、この試合がいかに大切な一戦であるか実感することができる。どんな形でもいいからゴールを奪い、何としても勝利をつかみたい。会長からサポーターまで、インテルを応援するすべての人にとって偉大な一夜となるだろう。僕は優勝を強く望んでいる。なぜなら、インテルはそれにふさわしいチームだからだ」
「バイエルンは偉大なチームだが、モリーニョ監督とともにこの試合に向けてしっかりと準備をした。彼らのことを分析し、僕たちが直面する恐れのある問題もあぶり出した。今はもう相手のあらゆる詳細まで頭にたたき込まれている。彼らはフランク・リベリー、僕たちはチアゴ・モッタと、両チームとも極めて重要な選手を欠くし、一発勝負なので何が起きるかは分からない。だが、すべてがうまく進むことを願っているよ」
「モラッティ会長と私の始めの頃からこの15年間に成し遂げたことを考えると、明日は我々二人にとって特別な試合になる。インテルで歴史を作るチャンスを与えられたんだ」

■モラッティ会長
「明日は感情的に最も重要な一日となるだろう。これだけハッピーなのは素晴らしいことだね。(サネッティが決め手になれば)彼にとっても素晴らしいことだろう。キャリアを考えれば、彼にはそれにふさわしいよ」

■モウリーニョ監督
「サポーターにとっては特別な機会だろう。最後にインテルが優勝したとき、まだ生まれてもいなかったファンが多いんだからね。それで責任が増すわけではない。だが、もしも優勝できれば、スペシャルなチーム、スペシャルな会長、スペシャルなサポーターにとって、本当にスペシャルなことだろう。私は、モラッティ会長が手にトロフィーを持つところが見たい。そして、彼の父親が獲得したトロフィーと一緒に写真を撮るところをね」

引用:スポーツナビ、ISM、Goal、FOOTBALL WEEKLY

あわせて読みたい