エムビアに興味 | 楽しい楽しいバイエルン・ミュンヘン

公開日:2010/05/21
エムビアに興味

カメルーンの希望守備的MFのエムビアに興味
バイエルンとしてはCBとして見ていると言うが
もっと本職のCBを探した方がいい

シーズン後半からセンターバックに定着し、マルセイユの二冠に貢献したステファン・エムビア(23)。ただし本人は、「ディフェンスは仕方なくやっている」と繰り返し、自分のポジションはあくまで守備的MFであると主張して譲らない。起用法に不満があれば、移籍を考えるのがこの世界の常。マルセイユをビッグクラブに移籍するためのステップと考えていることを公言してはばからないエムビアとしたら、いいオファーがあればすぐにでも飛びつく用意があると考えていいだろう。ましてやその相手が名門バイエルン・ミュンヘンとなれば、移籍1年目で最高のシーズンを過ごした直後とはいえ、心を動かされないわけがない。ただしエムビアにとってやや皮肉なのは、バイエルンもセンターバックとして評価していることだ。ちなみにエムビアの母国、カメルーン代表のポール・ルグエン監督も、W杯でエムビアを右サイドバックとして起用するオプションを考えている。本人もそろそろディフェンダーとしてやっていくことに意識を切り替えるべきなのかもしれない。いずれにせよ、W杯で注目の選手となるのは間違いない。(欧州通信)