リベリーどうする | 楽しい楽しいバイエルン・ミュンヘン

公開日:2010/03/20
リベリーどうする

リベリーかなり迷っているか?
今まではリベリーが中心だったがここに来て
ロッベンが最高になってしまい
リベリーとしては刺激のある選手がバイエルンに来て
非常に悩んでいると思う
ロッベンとともにマンUを下したら残留かもしれない
どっちにしろ今のレアルに価値は無いだろう

「レアル・マドリー行きが100パーセント決まっているわけではない。バルセロナからも高い関心を寄せられているし、チェルシーも同様だ。とはいえ、これらがバイエルン退団を意味しているわけでもない。今後の去就は2~3週間以内に決定するつもりだ」リベリーは、先月17日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦、フィオレンティーナとの第1戦にホームで2-1と勝利した後、ドイツ紙『シュポルト・ビルト』からの取材に対して、このようにコメントしている。「当然、CLでの成績は僕の決断に影響を与えるだろう。僕にとって一番重要なのは、チームの将来的な見通しだ。今シーズンの戦いぶりからすれば、バイエルンにもCL制覇の可能性はあると思う」((C)MARCA.COM)

「オレがレアル・マドリーへ行くことは100パーセント確実なことじゃない。バルセロナも興味を持ってくれている。チェルシーもだ」と彼は、フランスのテレビ『TV1』で語った。「これはオレがバイエルンを離れるということを意味するわけじゃない。2、3週間中に決めるよ」(Goal)

FIFA代理人のエルネスト・ブロンゼッティ氏によればリベリーの移籍先はすでに水面下で決まっているようだ。イタリアのラジオ番組内でブロンゼッティ氏は、「リベリーは来シーズンR・マドリーでプレーする」と明らかにしている。彼の証言だけでリベリーのR・マドリー移籍が決まるかどうかは予測不可能だが、実は以前ブロンゼッティ氏は、大物選手のR・マドリー移籍を当てていたのだ。「フロレンティーノ・ペレス氏が会長になれば3人の補強が行われる。その内の2人は、C・ロナウドとカカーになるだろう」とブロンゼッティ氏は語り、 2人は予言通りにR・マドリーへ移籍している。(欧州通信)