いよいよユベントス戦 | 楽しい楽しいバイエルン・ミュンヘン

公開日:2009/09/30
いよいよユベントス戦

グループリーグで一番厳しい相手のユベントス戦
イタリア勢にはなかなか分が悪い
ユベントスには1勝3敗
2008.11:△フィオレンティーナ(A)1-1
2008.10:○フィオレンティーナ(H)3-0
2007.04:×ミラン(H)0-2
2007.04:△ミラン(A)2-2
2006.12:△インテル(H)1-1
2006.09:○インテル(A)2-0
2006.03:×ミラン(A)1-4
2006.02:△ミラン(H)1-1
2005.11:×ユベントス(A)1-2
2005.10:○ユベントス(H)2-1
2004.11:×ユベントス(H)0-1
2004.10:×ユベントス(A)0-1
ファン・ハールはハンブルガーに負けてしまって勢いが止まったががんばろうとまあ普通のコメント

「負けることはいつでもネガティブな影響がある。ただ、私たちは5連勝で自信を深めていたところだ。本来なら今ごろハンブルガーと並んでいるつもりだったけど、実際には勝ち点6差になってしまったね。でも、人生は続いていくものだ。そして、幸いなことに、すぐにユヴェントス戦がある。また勝ち始めることができるだろう」(Goal)

ルンメニゲ会長

「ユーヴェは非常に強いチームだ。我々は真剣に立ち向かわなければいけないし、断固たる決意で臨まなければいけない」「我々はすでにミュンヘンで彼らに敗れているんだよ。我々のファンの前でプレーするということは、我々にとってはアドバンテージなんだ。それに、ビアンコネーリは我々のグループで最大のライバルだ。彼らはボルドーよりも優れている」(Goal)

ロッベン

「僕たちは初戦に勝ったね。ベスト16進出に向けて、まずは一歩を踏み出したよ」「ユヴェントスは偉大なチームだ。でも、僕たちの気持ちは明確だよ。ホームでの戦いというプラス要素もあるしね。それに、経験豊富な監督(ファン・ハール)もいるんだ」(Goal)

そしてイタリアのチーム相手に試合に出たかったトニが出場しない
復帰したばかりでゴメス、クローゼ、ミュラー、オリッチがいる中でいきなりCLはやはり無理、気持ちはわかるが

ファン・ハール「選手は100%の状態でなければならない ? トーニはその状態ではない。そして私にはまだ4人のFWがいる、それも理由の一つ。」(Goal)

トニ「監督から今回の試合には呼ばないと言われたよ。彼は僕のトップフォームを待っていると言っていた」「僕は調子が良いと感じているんだ。本当にショックだね。僕がユヴェントスと戦うところをみんなに見てもらいたかった。ファン・ハールはフルで一試合こなしてみるべきだと言っていたね。自分のために、またリザーブリーグでプレーしたいと思うよ」(Goal)

ユベントス側のコメント
デルピエロ

「バイエルン戦では最大限の集中力を保たなければいけない。これは本当に重要な試合だから」(Goal)

グロッソ

「ユヴェントスは勝利を目指してピッチに足を踏み入れる。バイエルンは強いけど、僕らは十分にこの試合の準備をしてきた。勝つことだけを考えてね」「初戦で引き分けてしまったから、僕らはこの試合で勝ち点を必要としている。そしてこれが僕らが考えている唯一のことだ」(Goal)

ブッフォン

「バイエルンとの対戦は、とても強いハートが必要だ。選手たちは、厳しい試合を強いられるだろう」「だけど、僕たちは恐れていないよ。他にも強いチームと対戦しているからね。(グループリーグでの)最大のライバルはバイエルンになるだろう。でもボルドーとも首位通過を目指して戦うことになる」(Goal)