リベリー残留 | 楽しい楽しいバイエルン・ミュンヘン

公開日:2009/09/03
リベリー残留

さんざんいろんな話があったがリベリー残留
戦力的にももちろんだし人気の面でも重要
メジャー感という意味でもバイエルンにとって大きい選手
そして今回の一番大きい意味はバイエルンの政治力
レアル、チェルシー、マンUなど
欲しい選手はどんどん獲れてきたこれらのクラブが
結局バイエルンへの交渉を成功できなかったというところ
さらにルンメニゲが言うように来期の移籍も無ければ本当に素晴らしい交渉術

リベリは、今季終了後にレアル・マドリーに移籍するとも報じられているが、ルンメニゲ代表取締役は6月に伝えた「移籍の可能性はない」という言葉に、今後も変更がないことを強調している。「6月の時点で、リベリがこのクラブに残留すると伝えていたが、誰もが移籍金を上昇させる手段と思っていた。しかし、我々の言葉通りになっている。来季も彼はクラブにとどまるだろう」移籍市場が閉まる直前に、バイエルンはマドリーからMFアリエン・ロッベンを移籍金2500万ユーロで獲得した。これは、マドリーが今季終了後にリベリを獲得するための布石であるとも報じられているが、ルンメニゲ代表取締役は、ロッベンとリベリの移籍に関連はないとした。「それはまったく別の案件だよ。マドリーと良い関係を保っている証であるだけだ」(Goal)