ルシオは必要か | 楽しい楽しいバイエルン・ミュンヘン

公開日:2009/07/02
ルシオは必要か

ルシオは必要だと思う
DFとしてどうなのか?デミチェリスとどうなのか
そこらへんは微妙としても見ていて面白い
そこで行っちゃっていいのか?とドキドキ感
これはエンターテインメントだ

ベッケンバウアー会長は、ドイツ『ビルト』に次のように語っている。「全ては誤解が生み出したことだと思っている」「ミュンヘンでは、全ての懸念事項を素早く払いのけなければいけない」「ルシオはブラジル代表のキャプテンであり、我々のベストDFだ。我々は彼を保ちたい」(Goal)

ドイツ紙は、バイエルンの新監督に就任するファン・ハール監督が、ルシオを高く評価しておらず、適切な額のオファーが届けば放出に応じるだろうと報じている。ファン・ハール監督は、DFデミチェリスのパートナーとして新たに獲得したブラーフハイトの起用を考えており、ルシオはバックアッパーに降格されると予想されている。また、ルシオの契約は2010年で満了となることから、移籍金の発生する今年の夏のバイエルン退団が濃厚となっているようだ。(Goal)

ここ数日、ドイツメディアの間では、バイエルン・ミュンヘンの新指揮官ルイス・ファン・ハール監督のチーム構想の中に、2008-09シーズンにセンターバックとしてプレーしたブラジル人DFルシオの名前がないと言われている。その代わり、トゥエンテから加入したオランダ人DFエドソン・ブラーフハイトとアルゼンチン人DFマルティン・デミチェリスの2人が来季のレギュラー候補であるとささやかれている。(MARCA.COM)

こんなに怒っちゃってる

ルシオ本人は、状況次第ではクラブ退団さえ辞さないとの発言を残している。「もし、ファン・ハール監督が僕よりもほかの選手の方を信頼しているのであれば、これ以上、1分たりともバイエルンでプレーをすることはないだろう」(MARCA.COM)

あわせて読みたい