負け犬クリンスマン | 楽しい楽しいバイエルン・ミュンヘン

公開日:2009/06/29
負け犬クリンスマン

クビになったクリンスマンが吠える
ここまで吠えるとは見苦しい
しかしちょっと面白いで今後もことあるごとに言って因縁を作り
どっかのチームの監督になって戦ったら面白い

在任中、クリンスマン氏は再三に渡って、CLで成功を収めるためにはトッププレイヤーが必要だとクラブに伝えていた。クリンスマン氏は4月に解任されたが、新シーズンより監督に就任するファン・ハール監督のためにクラブは、FWマリオ・ゴメス、アナトリー・ティモシュク、イビチャ・オリッチ、ダニエル・プラニッチ、エドソン・ブラーフハイトの獲得を決め、さらなる補強も示唆している。そのため、ドイツ『Bild』とのインタビューで、クリンスマン前監督は、自身が正しかったと強調している。「7人から9人の新戦力を獲得、そうすればチームはほぼ完璧なチームになる。そして、それは彼らが私の分析に従ったことを証明するものだ」「そして、そのことは明らかに昨シーズンの失敗の責任が監督にはなかったということを証明するものだ」(Goal)