ゴメス獲得 | 楽しい楽しいバイエルン・ミュンヘン

公開日:2009/05/27
ゴメス獲得

いよいよマリオ・ゴメスがバイエルンに来る
他のクラブからも狙われていたが結局バイエルンへ
トニも移籍の噂が出てくる中来シーズンはクローゼとゴメスの2トップか
移籍金は56億で市場最高額だったり40億円だったり
ズレがあるが40億円でもかなり高くないか?

現地時間26日、バイエルンは同じドイツのシュトゥットガルトからドイツ代表FWマリオ・ゴメス(23)を獲得することで合意に至ったことが分かった。現地メディアによると、移籍金はブンデスリーガ史上最高額の4200万ユーロ(約55億9000万円)になるとみられている。ロイター通信が報じた。移籍が決まったマリオ・ゴメスは、バイエルンの公式HP上で「バイエルンは特別なクラブであり、リーグタイトル獲得のために戦いたい。そしてチャンピオンズリーグを楽しみにしている」とコメント。新たな環境でスタートを切ることに対して前向きなコメントを残している。(ISM)

サッカーのドイツ1部、バイエルン・ミュンヘンが、シュツットガルトから同国代表FWマリオ・ゴメス(23)を獲得することが分かった。両クラブと選手は契約に合意したことを認めており、メディア報道によれば、移籍金はドイツ・リーグ史上最高額の3000万ユーロ(約40億円)になるという。ゴメスは今季、自己最多の24ゴールを記録。2007年にはシュツットガルトのリーグ優勝に貢献した。(ロイター)

ゴメスは来季よりバイエルンのメンバーとなることに満足しているとの心の内を述べるとともに、今後の抱負を語った「来季はチームのタイトル獲得に向け全身全霊を懸けて戦うつもりだ。また、チャンピオンズリーグに出場できることもとても楽しみにしている」移籍の詳細については、現在ドイツ代表の一員としてアジアツアーに参加しているゴメス本人が帰国次第、決定するという。このゴメスの加入によって、バイエルンが今季調子の上がらなかったイタリア人FWルカ・トーニを放出する可能性がうわさされている。バイエルンはすでに数カ月前にルーカス・ポドルスキをケルンへ放出することを決めており、トーニの移籍が現実となれば、クラブを去る2人目のFWとなる。(MARCA.COM)

  • Category

  • キーワードで選ぶ

  • 検索はここから

    月別リスト