キャプテンの古巣へクラブ救済マッチ | 楽しい楽しいバイエルン・ミュンヘン

公開日:2009/05/27
キャプテンの古巣へクラブ救済マッチ

負債だらけのファン・ボメルの古巣フォルトゥナ・シタルト
に救済の為の親善試合をする
プロライセンスは無いがそこは救済なので

シタルトの町に半旗がかかった。オランダ2部リーグのフォルトゥナ・シタルトに対し、KNVB(オランダサッカー協会)は来季のプロライセンスを発行しないことを決めた。フォルトゥナ・シタルトは560万ユーロ(約7億3500万円)の負債を縮小したものの、KNVBを納得させることができなかった。フォルトゥナ・シタルトがライセンスを取り戻すには裁判に訴えるしかもう方法はないという。31日には、かつてフォルトゥナ・シタルトのユース育成システムで育ち、トップチームの中心選手としても活躍したファン・ボメルの音頭により、クラブ救済のための親善試合がバイエルン・ミュンヘンとの間で組まれているが、これは予定通り行われるという。(スポーツナビ)