ファン・ハールやる気満々 | 楽しい楽しいバイエルン・ミュンヘン

公開日:2009/05/06
ファン・ハールやる気満々

AZのファン・ハール監督がバイエルンの監督をやる気まんまんでドイツ語まで勉強し始めたらしい
なんかちょっと違うなあ、すごいお金を払ってもヒディングとか
ちゃんと今上のレベルで勝てる人を呼んできて欲しい

オランダリーグを制したAZのルイス・ファン・ハール監督がスペインのCOMラジオとのインタビューに応じ、来シーズンからバイエルン・ミュンヘンの監督に就任するとの報道について「今は何も話さない」としながらも、「ドイツ語を勉強しなければいけないだろう」と語り、オファーを受け入れる可能性を示唆した。「いろいろなうわさが持ち上がっているようだが、AZの会長に現時点では何も話さないと約束してある。数日間様子を見ることになるが、おそらくドイツ語をもう少し勉強しなければいけないだろう」((C)MARCA.COM)

しかしこんな記事も

先日バイエルンのゼネラル・マネジャー、ウリ・へーネス氏が、来季に向けてファン・ハール監督と合意に達したと示唆したことについて、同会長は『SPORTWEEK.nl』で次のように述べた。「ルイスはわれわれと2010年までの契約を残している。ほかのクラブとの交渉は認めない。わたしは何も心配はしていない。なぜなら、ルイスは常に契約を尊重する男だからだ。それに、バイエルンはまだいかなるコンタクトもしてきていない」シェリンガー会長は、来シーズンの指揮官にはファン・ハール監督以外は考えていないという。「われわれはファン・ハール監督と欧州チャンピオンズリーグを戦いたい。われわれが監督を売り払うなどということはあり得ない」((C)MARCA.COM)

どっちだよMARCA.COM、でもこなくていいと

  • Category

  • キーワードで選ぶ

  • 検索はここから

    月別リスト